ネットショッピングの広告コンサルタント契約(SEO対策・広告)の解約(半額返金)

日時 平成28年7月
場所 千葉県
事案 個人経営のお菓子屋さんからの相談。楽天市場で自社のお菓子販売を始めたところ、勧誘の電話営業を受け、その後に訪問した担当者の説明では「希望するキーワード検索で1カ月以内に1ページ目に掲載できなければ全額返金・みなさん売り上げを上げており、ほとんどの店舗が契約満了後、更新してもらっています。」「楽天をオープンされて、2か月以内でないと当社はシステムに入って、何か対策をしていくことが出来なくなってします。なので、25日までにご契約をいただかないと難しいんです。楽天はオープンしてから1か月の店舗様には優遇はされているのですが、それ以降になると、なかなか、アクセス数をあげていくことが厳しい世界になってきます。2か月がたつ前に当社が入れば1ページ目に出していくことが可能になります。」とのことであった。しかし、契約後の状況としては高額なコンサルタント費用を支払うも何ら売上に変化はなく(契約から1ヵ月以内の数日のみ、希望検索キーワードの一部で楽天市場検索における1ページ目に掲載されたが、その後は1ページ目に掲載されない割合が著しく増えている)、クライアント様より相手会社に対して具体的に施した対策内容を開示するよう要求するも「技術内容は言えない」などと理解不能な言い訳をするのみであった。そこで同様案件について経験がある当事務所へ相談。

対応  その後の調査の結果、同契約によって集客はおろか上位表示とならないケースも多数存在する事実が確認出来、勧誘時において担当者は自身の説明内容が全てではないことを理解しつつ、契約者が必ずの集客効果を得られるかのような認識を持つ説明を行った悪質な営業行為である点を指摘し、契約代金全額の返還を内容証明郵便にて要求。

結果 内容証明送付の後、相手会社より半額返金の提案があり、クライアントも同提案に承諾して解決。

クライアントからのメール(原文のまま)
梶山 様
お世話になっております。
先程、●●●●からの入金が確認できました。
送られてきた書面に判子を押して返送してもいいのでしょうか?
宜しくお願い致します。

●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。