名古屋市栄区・ぼったくり被害・昏睡カード窃盗被害(不正カード決済)・不当クレジット決済金22万円の取消に成功・警察被害届受理なし

場所 名古屋市栄区

日時 平成30年7月

事案 被害の経緯としては以下のとおり。

1、平成30年3月31日の午後23時ごろから翌日未明にかけて、名古屋市栄区の路上にて同店店員(外国人女性)の呼び込みを受け「60分3,000」との料金説明であった為に近隣の店舗(来夢)に入店し飲食を開始

2、自身は飲み放題メニューのみを飲んでおり、また女性店員からドリンクの注文を勧められたが1杯2,000円と高額な為に飲み放題メニュー以外の注文は全て注文を断っていた。その後しばらくして突如酩酊状態となり意識を失う。

3、意識を取り戻したのは帰宅タクシーの中。

4、4月26日の時点で次回のクレジットカード請求を把握すべく、クレジットカード利用詳細(売上)をインターネットにて確認したところ、なんと同日深夜から翌日未明にかけて同店舗(来夢)にて当方所有の貴社発行クレジットカードにて4回に亘って合計金222,000円もの高額決済が確定していることが発覚、当然の如く明細や伝票も一切交付されていない。

対応  本件は典型的なパターン(酔状態の客を路上から店に引き込む、若しくは店内で高濃度のアルコールを飲ませ意識を奪い、その後において無断で客の現金を奪う若しくはクレジットカードを抜き取り異なる名義のカードリーダーに通し決済する)。意識を奪われた中での高額決済であったため即刻クレジットカード会社へ内容証明郵便にて不当決済取消並びに情報開示要求を通知。クレジットカード会社が調査開始を約束。

結果  約2カ月後、カード会社より電話が入り「所定期間内に店舗(来夢)より詳細伝票が提出されなかったので、返金補償の形を取らせて頂く」とのことで、222,000円全額の決済取消が決定。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山行政書士事務所 梶山祥 様
お世話になっております。
数日前にはなりますがU●Jニ●スより返金が確認できましたことをお伝え致します。
案件の発生からおよそ3ヶ月、最初の相談から内容証明郵便の作成カード会社や警察への
的確な指示など迅速に対応して下さいましたこと誠にありがとうございました。
思えば梶山先生のお力が無ければ今回の案件はカード会社に罪はないものの時間をかけられて、
たらい回しにされ自分の力では何も出来ず泣き寝入りしていた可能性が非常に高いものだったと思います。
元より自分の不用意な行動から起きてしまったことですので反省するとともに悪質な業者が消えては増え根絶することがない世界だと痛感しました。こういった事が2度と起きないよう気をつけてお酒を楽しんで行きたいと思います。
梶山様の益々のご健勝ならびに貴事務所の益々のご隆盛をお祈り申し上げます。
改めましてこの度は問題の解決に向けご尽力頂きまして誠にありがとうございました。
●●●●●

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。