横浜市中区福富町・ぼったくり被害・昏睡カード窃盗被害(不正カード決済)・不当クレジット決済の一部取消に成功・被害届受理は無・被害相談受付のみ

場所 横浜市中区福富町

日時 平成30年9月

事案 被害の経緯としては以下のとおり。

1、平成30年9月6日の深夜から翌日未明にかけて、横浜市中区福富町の路上を酩酊状態で知人と2名で歩いていたところ、外国人(アジア系)店員の呼び込み(「1人、1時間3000円だけ」)を受け、そのまま近隣の店舗(CUTIE)へ知人と2名で入店。知人は午前2時過ぎに2名分の飲食代金6000円を支払、先に退店。

2、入店前より既に酩酊状態だった為にクライアントは入店後に少量の飲酒をした時点で突如意識を喪失、意識を取り戻したのは翌朝午前8時ごろクレジットカードが切れないとの理由で店員に連れられ近隣コンビニATMにて現金を引き出させられた際であった。尚、ATMにて現金を引き出したところでクライアントは意識を取り戻し、その時点で店員より金10万円の飲食代金支払を要求された為、当然の如く高額過ぎる請求を理由に支払を拒否したところ店員より暴力を受け、結果的に金5万円を奪われ退店。

3、後日、クレジットカード利用を確認したところ、最初に入店した店舗(CUTIE)以外に全く入店の事実すらない2店舗(「CLUB LUNA」「ルミナス」)を含め、4回に亘って合計金237,600円もの高額カード決済が行われている事実が確認され、本件被害が発覚。

対応  本件は典型的なパターン(酔状態の客を路上から店に引き込み、その後において無断で客の現金を奪う若しくはクレジットカードを抜き取り、共謀店舗の異なる名義のカードリーダーに通し決済する)いずれにせよ意識の無い中での高額決済であったため即刻クレジットカード会社へ内容証明郵便にて不当決済取消並びに情報開示要求を通知。その結果、クレジットカード会社からの情報開示により、「ルミナス・福富町東通38-1福井ビル1F108」での飲食時間が「2時40分~5時40分」となっているが、その時間帯は「ルナ・福富町東通5番地4 シオン福富町ビル5F502」なる店舗での飲食時間と同時刻であって、同時刻で2店舗での飲食している状態となっている事実が確認出来た為、本件が酩酊状態のクライアントの財布からクレジットカードを抜き取り、近隣の共謀店舗のカードリーダーを使用し不当に決済したことは明らかとなった。即刻、被害地域の管轄警察署である伊勢佐木署へクレジットカード窃盗についての被害届受理を要求。その結果、管轄担当刑事さんが協力的に対応してくれ、被害相談受付の形で即対応となり、その事実をクレジットカード会社に報告のうえ、本件不当クレジットカード決済の取消をあらためて要求。

結果  事件発生から2カ月ほど経過した時点でクレジットカード会社が不正クレジットカード被害を一部認め、実際に入店した店舗での決済金より知人が既に現金支払済みの金額を差し引いた金額のみ請求となり、残り入店の記録すらない2店舗については全額の決済取消が決定。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様
今回は本当にありがとうございました。カード会社の担当の方より電話があり1件目の33,000円‐6000円(知人が支払った金額)=27,000円のみ自己負担で、2件目3件目の分は請求しないとのことです。梶山様の適切な対応やアドバイス、それと最後まで一緒に頑張りましょうと言っていただいて実際に最後まで相談に乗っていただいたおかげです。
内容証明を作成していただいた後も最後の最後まで細かいまたくだらない相談にものっていただき助かりました。梶山様に相談して良かったとこころから思っております。

●●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。