ビジネスリース契約(セキュリティ機器)の契約取消(リース契約の無条件解除)に成功

日時 平成30年12月

場所 ●●県

事案 個人事業主の方からの相談。既に複数の通信機器をリースしている状況で営業マンが訪問し、「今回ご契約頂きセキュリティ機器を導入頂くことで、毎月のリース代はかかりますがそれ以外の既存リース契約における月々のコストが大幅に今より削減できるので、今回の契約は実質0円で使用出来ます」といったもの。申込の同日に業者は機器を置いていき「納品」した形としていたが、リース会社からの確認の連絡が入る前の状況であった。しかし、担当者が契約書の控えも交付しないことから不安に感じ、クライアント自身で色々と調べたところ、今回のリース契約と既存のリース契約代金及び通信コストの削減は全く無関係であり、勧誘時の説明が事実と異なる内容であったこを知り、同様事案を取り扱った経験がある当事務所へ相談。

対応 本件は既にリース物件は納品済みの形となっていたが、リース会社への確認は完了しておらず、そもそも契約書の控えすら不交付の状況であった。その為早急に内容証明郵便を発送し「契約書の控えも不交付であり、リース会社からの確認も行われていない為、本件リース契約自体が現時点で有効に成立していない」「そもそも勧誘時の通信費用削減効果が完全な虚偽説明であり、本件申込の撤回について違約金などの支払は断固拒否する」という内容で主張した。

結果 内容証明郵便が送達した後、販売店担当者が訪問のうえ納品の形をとっていた商品を回収、同時に契約書原本を返還し、本件は無条件での申込撤回が完了。尚、リース会社へもリース契約申込の取消を確認済み。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

本日、契約書の返却、リース物件の回収が無事終わりました。
梶山先生、本当にありがとうございました!こんなにも早く解決できたのも先生のお陰です。
また何かあれば相談します!お世話になりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。