渋谷道玄坂・風俗ぼったくり・キャッチ・レンタルルーム利用・クレジットカード決済180,100円、店舗入店時現金支払の6000円、合計金186,100円全額の返金に成功

場所 東京都

事案 酩酊状態で渋谷駅周辺道玄坂の路上を歩いていたところ、キャッチから「マッサージどう?6000円ぽっきりでヌキもあり」と声を掛けられ、その場で現金にて6000円を支払う。その後は近隣のレンタルルームに案内され、そこで複数の従業員よりサービス提供開始の為に別途費用が掛かるとの説明を受け、被害者が酩酊状態でクレジットカードを渡してしまい、その後は意識を失う。翌日自宅にて意識を取り戻した際に不安に感じて昨晩のカード利用を確認したところ、意識の無い状態で5回に亘って合計金180,100円ものカード決済が行われていることが発覚。そこで被害者は地元消費者センターに相談し、同消費者センター相談員よりカード会社宛てにクーリングオフ通知??を送るように指示を受け実施するも、当然の如く本件はクーリングオフの対象となる事案ではなく、クレジットカード会社より拒否の連絡。後日、同事実を消費者センターに相談し対応をお願いするも、「これ以上のサポートは出来ない」とのことで相談終了。そこで、同様被害について対応経験豊富な当事務所にご相談。

対応 本件はキャッチを利用して、異なった条件を提示のうえ風俗サービスを希望する消費者をレンタルルーム(飲食店のケースもあり)に連れ込み、そこで客の酩酊に乗じる若しくは客が意識を失って売るの良いことに当初説明もしていない高額な代金をカード決済するという典型的なパターンの被害であった為、即刻カード決済に利用したカードリーダー契約者の情報をカード会社へ開示要求、その後でクレジットカード会社へ内容証明郵便を送付し不当決済取消要求。尚、先日のクーリンフオフ通知は消費者センターの指示によるものであるが、間違いであったことも通知。そうしたところクレジットカード会社は「店名」「住所」「電話番号」「」サイン伝票」のみ取り寄せのうえ開示してくるも、不当決済の取消には一切応じず。そこで、カード会社より開示された住所に本当にこの店舗が存在するのか、被害者自身が現地に赴き雑居ビルのポス表札を確認、すると同店名でこの住所に実在することが確認された。そこで、今度は風俗(マッサージ)店舗に対して直接内容証明郵便を送付し、「クレジットカード決済金及び現金支払分の合計金186,100円の即時返金を要求、期日までに返金しない場合には刑事告訴を行うこと、そしてその後に返金があっても告訴は取下げしないこと」などを通告、そして返金は銀行振込にて行うよう指示した。

結果 内容証明が風俗(マッサージ)店舗に届いた翌日、内容証明郵便にて指定した被害者の銀行口座に金186,100円の振込が確認出来、現金支払分及びカード決済分全額の回収に成功。尚、店舗より連絡などは一切なし。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山さま

お世話になっております。本日口座にフ●●●から186,100円の振り込みが確認できました。相手方の早急な対応にただ驚いております。梶山さまにご対応いただいたおかげです。本当にありがとうございます。取り急ぎお礼のご連絡までに。

●●●● ●●●●●●●● ●●●●●
(tel) 090-●●●●-●●●●
(PC) ●●●●●●●●@gmail.com
(phone) ●●●●●●●●●●@docomo.ne.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。