文京区湯島(上野駅周辺)・ぼったくり被害・ぼったくり店舗から直接銀行振込にて全額返金を受ける・警察被害届受理なし

場所 文京区湯島(上野駅周辺)

日時 2019年11月2日の未明

事案 2019年11月2日の午前1時30分~午前3時ごろにかけて、上野駅周辺の路上でアジア系女性キャッチに声を掛けられ近隣のスナック(ボッタクリ店舗)に入店。入店直後から意識を失う。その後、意識を失っている間に所持していたクレジットカードにて金88,000円、デビットカードにて55,000円、合計金143,000円もの決済が行われていることが発覚。クレジットカード会社へ被害を申し出るも対応してもらえず、同様被害に経験豊富な当事務所に相談。

対応  本件は被害発生店舗(ボッタクリ店舗)の屋号及び住所が正確に把握出来ていた為、まず最初にボッタクリ店舗に対して内容証明郵便を送付のうえ、不当決済代金と同額を銀行振込にて被害者指定口座へ返金するよう要求。それと同時に、期日までに返金しない場合には即時民事訴訟による返金要求を行うとともに、別途本件被害について刑事告訴する旨を通告。※管轄警察署に対しての被害相談は行なわず、ボッタクリ店舗からの反応を待つこととした。

結果  内容証明郵便がボッタクリ店舗に送達され、その2日後にはクライアント様指定の銀行口座へボッタクリ店舗から全額の返金が確認出来、即時解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生

お早う御座います。今朝、口座を確認したところ、143,000円全額の振込が「●」よりありました事連絡させて頂きます。大変お世話になり有難う御座いました。諦めようと思った事もありましたので、大変感謝しております。期日までに全額振り込んでくるという事は、自覚あり、他にも多数同様の事を行っていると思いました。社内で同様の話がある際は、梶山先生を紹介させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。