港区新橋・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・3店舗での不当クレジット決済3件(合計金504,000円)全額の不当決済取消(補償適用)に成功・警察被害届受理なし(被害相談受付のみ)・クレジットカード紛失

場所 新橋

日時 2020年9月3日未明

事案 同様の被害としては典型的なケース。経緯としては以下。

1、2020年9月2日の午後22時30分ごろ、新橋駅周辺の飲食店での会食を終え、クライアントは知人とともに近隣の別飲食店へ入店(午後23時ごろ)

2、クライアントは2軒目の飲食店に入店後酩酊状態となり、その後は意識を失う。

3、クライアントが次に意識を取り戻したのは9月3日の早朝帰宅途中の電車内であった。

4、その際、クライン後が自身の財布の中の現金1万円及びクレジットカードを紛失していることに気がつき、即時クレジットカード会社へ被害報告のうえクレジットカード利用の停止を要求。

5、クレジットカード会社への報告の際、9月3日未明に新橋付近の飲食店3店舗にて合計金504,000円もの不当決済被害が発生していることが発覚。(※自宅近くの交番にて遺失届出済み)

クレジットカード会社からは不当決済被害の補償を約束してもらえず、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応  本件はクレジットカードを紛失しており、クレジットカード会社宛ての内容証明郵便にてその点を強く主張。そして酩酊で意識の無い者が3店舗を移動し短時間で著しく高額な飲食を繰り返し行うことなど不可能な点を指摘、さらには被害発生店舗について同様被害が多発している店舗であることを指摘。即刻不当決済金全額の補償適用を要求。追加で管轄警察署への被害相談及び被害相談受付番号の確認をアドバイス。追ってカード会社へ被害相談受付の事実を報告。

結果  内容証明郵便の送付から約2週間後、クレジットカード会社が本件被害の全額補償適用を決定し無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生殿     お世話になっております。一連のカード使用の件、カード会社から補償してもらえるとの回答をもらえました。本当にホッとしました。先生のお力添えのお陰と感謝申し上げます。自分一人では泣き寝入りでした。本当に有り難うございました。取り急ぎ報告です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。