納車後、車両に装着されている高価な部品が偽物であったことが発覚、売買契約解除(クレジット契約の解除・既払いクレジット金全額の返金)でにて和解

日時    2020年9月

場所    岐阜県

事案    遠方の中古販売店との間で中古車売買契約を締結。購入理由としては当該車両のブレーキキャリパーが高価なキャリパー(ブレンボ)であった為であった。尚、購入前にブレーキキャリパーが本物であるか否かを販売店担当者へ確認、同担当者より「間違いなく本物」との回答を受けた事実がある。しかし、納車後に別の専門店にて当該車両を点検したところ、早着しているブレンボキャリパーが偽物であることが発覚。販売店にその旨を伝え解約を要求するも、販売店は一切の対応拒否。そこで同様トラブルにおいて経験豊富な当事務所へご相談。

対応    本件については、専門店により査定にて契約の決め手となった高級ブレーキキャリパーが偽物であることは明らかであった。さらに当職にて調査したところ、当該販売店は高級ホイールの偽物を装着した車両を多数販売したことにより、地元警察署に関係者が逮捕されている事実を確認。それらの内容を含め内容証明郵便にて、民法上の契約不適合責任を理由として「本物のブレンボキャリパーを装着する(追完請求)」若しくは「契約解除」を要求。また併せて勧誘時の虚偽説明による詐欺取消も主張可能であることを通知。

結果   内容証明郵便の発送から約1ヵ月間の間に販売店担当者と数回のやりとりの結果、本契約の解除(クレジット契約解除・既払いクレジット代金全額の返金・車両引取り)となり 本件は解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

この度は本当にお世話になりました。ローンの契約は9月8日に解除になりました。それと頭金の返金も9月3日に振り込みされており、ローンの支払い分もローン会社から9月15日に返金されておりました。本当にありがとうございました。Galaxyスマートフォンから送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。