横浜市中区福富町・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・2店舗での不当クレジット決済3件(合計金264,000円)全額の不当決済取消(補償適用)に成功・警察被害届受理なし(被害相談受付もなし)・クレジットカード紛失(遺失届のみ)・暗証番号決済

場所 福富町

日時 2020年9月19日の未明

事案  同様の被害としては典型的なケース。経緯としては以下。

1、2020年9月18日の午後23時ごろ、クライアントが横浜市中区福富町周辺にて飲食を終えたところで酩酊状態となり意識を失う。

2、次にクライアントが意識を取り戻したのは9月19日の早朝に自宅へ帰宅した後であった。

3、その際にクレジットカードを紛失していることに気がつき、即時クレジットカード会社へ紛失報告のうえクレジットカード利用の停止を要求。

4、それに伴い9月19日未明に発生した本件不当決済被害が発覚。

5、管轄警察署にて遺失届出済み(●●警察署)

6、再度クレジットカード会社へ遺失届済みであることを伝えつつ補償適用を要求するも、クレジットカード会社からは「紛失したとしても、暗証番号決済の為に補償対象外です。」とのことで決済取消対応を拒否される

その為、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応   本件はクレジットカードを紛失しており、クレジットカード会社宛ての内容証明郵便にてその点を強く主張。そして酩酊で意識の無い者が2店舗を移動し短時間で著しく高額な飲食を繰り返し行うことなど不可能な点を指摘、さらには被害発生店舗(2店舗)について同様被害が多発している店舗であり、カード会社においても同店舗での被害発生は同様被害者からの多数の苦情により十分に把握しているはずであることを指摘しつつ、暗証番号決済か否かにかかわらず、即刻不当決済金全額の補償適用を要求。

結果  内容証明郵便がクレジットカード会社に送達した5日後、クレジットカード会社担当者よりクライアントへ電話連絡が入り、「管轄警察署に確認したところ、同店舗での被害が頻発していることも確認出来た為に本件被害の全額補償適用を決定した」とのこで、本件は無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様     お世話になっております。●●です。先ほど、(●:04)、●●●●カードから連絡がありました。「本件、警察に相談したところ、L●UTR●C、WI●Lとも、被害が頻発している店舗であることから、補償対応する」とのことで、利用代金は請求されないことになりました。先方へは書面に記載しなかった遺失届の番号を通知しました。●●●●カードからは、被害届を出すことも勧められましたが、請求がないとのことなので、出すことなく、終わらせたいと思います。この度は、迅速にご対応頂き、ありがとうございました。今後、本件に関して、なにかすべきことがありますでしょうか?●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。