出会い系サイト被害(金銭授受)・クレジット決済取消にて和解

日時 平成27年9月

場所 岩手県

事案 出会い系サイトを介して「金銭授受」を謳い、高額な報酬を期待する消費者が多額のポイントを消費してしまい、結果的に何ら報酬を得ることが出来ない・・・という典型的な被害事例。経緯としては副業紹介を謳う業者(これが出会い系サイト運営会社)のフェイスブックに登録したところ「お礼はするので相談にのってほしい」「こちらのサイトで連絡を取り合う必要がある」等といった内容でメッセージが届き、高額な金銭を受け取れると思い誘導される形で出会い系サイトに入会、その後は金銭提供者との連絡や個人的な連絡先交換に必要とされたサイトポイント購入が必要となり、結果的に複数回に亘って合計金として約10万円ものポイントをクレジットカード決済にて購入してしまった事案。

対応 本件はサクラを使い金銭提供を謳ったうえポイントを購入させるという典型的な詐欺のパターンであり、その点を内容証明郵便にて指摘し、サイト運営会社に対してクレジット決済の取消対応を要求、その後にサイト運営会社に対しても継続的に不当決済の取消を要求

結果 クレジット決済の取消が決定

クライアントからのメール(原文のまま)
遅くなりましたが、先日●●●の●●●様から連絡をいただき、クレジットの方も取り消しになりましたのでと連絡がありました❗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。