カテゴリー別アーカイブ: 成功事例

成果が出た一部の依頼について、クライアント様の承諾を得て掲載しています。

中古車売買契約・キャンセル違約金の免除、申込金20万円全額の返金に成功

日時  2022年12月

場所  東京都

事案  中古車販売業者とのトラブル。経緯としては以下。

1、クライアントは中古車販売店で気に入った車両を確認するが、現在の駐車場に入らないサイズの車であった為、販売業者担当者に対して「車の幅が大きく、車両重量が重いため、対応できる機械式駐車場がなかなか見つからない。車をきれいに乗りたいので屋外駐車場は絶対にいやだ。車両を駐車できるサイズの駐車場が確保できていないので即決出来ない。」と相談、そうしたところ同担当者から「わかりました。では、さすがに駐車場を1週間で見つけるのは難しいだろうから、2週間、最悪11月末までは正式契約を待ちましょう。その後にキャンセルの場合にはキャンセル費用10万円を頂くので、その旨を書類にも記載します。」と約束され、それと同時に申込書面への記入を促された為にクライアントは「2022年11月末日までに無条件で解約可能となる仮申込」と認識して同書へサイン、同日仮申込金として金20万円を支払。

2、その後、クライアントにて希望する条件の駐車場が見つからない為、2022年11月17日の時点でクライアントより中古車販売店に対して本件仮申込の撤回を連絡、仮申込金20万円の返金を要求したところ、突如として中古車販売店より「既に納車整備を開始しているので、申込金200,000円は一切返金出来ない。」などと回答を受け、仮申込金について一切の返金を拒否される

クライアントとしては当然の如く納得が出来ず、同様事案に経験豊富な当事務所へ相談。

対応  当職にて売買契約書(注文書)を確認したところ、たしかに納車前キャンセルにおける違約金は金10万円と記載されており、またクライアントが主張する仮申込時の中古車販売店担当者からの説明はあくまで口頭であり何ら証明する資料は存在しない状況であった。ただ、クライアントの主張する経緯が事実である場合、本契約を正式申込とするか否かは2022年11月末日までに決定するものであり、すなわちクライアントが仮申込撤回を決定した2022年11月17日時点で契約は未成立と判断出来る。そもそも、仮に本件が正式申込であった場合でさらに納車整備が本当にすすめられていた場合でも、納車前におけるキャンセル費用は金10万円と注文書に明記してあり、いずれにせよ中古車販売店には仮申込金20万円のうち金10万円については返金義務が発生する。その為、内容証明郵便にて「本件は仮申込であり正式な申込前の段階であって、契約自体が成立していない状態の為、キャンセルにおける違約金は一切発生せず、即時仮申込金20万円を返還せよ」といった内容を通知。

結果  中古車販売店へ内容証明郵便が送達後、期日を2日経過した時点で中古車販売店より書面回答があり、仮申込金20万円の即時全額返金に承諾するとのこと。その後はクライアントより中古車販売店へ注文書控え及び仮申込金20万円の領収書を返送、数日後にクライアント指定口座へ金20万円が返金となり本件は無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様

返金が確認できました。このたびは本当にありがとうございました。また何かありましたら、先生にご相談させていただきたいと思います。●●●●

横浜(鶴見区)・ぼったくり被害(不当請求・不正カード決済・金167,700円)・不当請求部分となる金150,400円の決済取消(補償適用)に成功・被害届正式受理なし・クレジットカード紛失なし・サイン決済

場所  神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央

日時  2022年7月30日の午前3時ごろより午前5時

事案   通常のぼったくり被害とは異なるケース。経緯としては以下。

1、2022年7月30日の午前3時ごろ、帰宅途中で当該飲食店「B●RT●X(クレジットカード決済名はV●RT●X)」に入店。

2、入店後に飲食を開始、飲み放題メニューのみを飲食。

3、午前5時ごろ会計を依頼。店員に指示されるままに決済を行い退店。

4、帰宅後の午前10時ごろに決済金額を再度確認したところ、通常ではあり得ないほど高額な決済金額(合計金167,700円(①56,000円、②111,700円))であることが確認される。尚、当該店舗のHPには基本飲食代金について「男性 1h 3,000円」と記載あり。

5、翌日、7月31日に当該飲食店「B●RT●X(クレジットカード決済名はV●RT●X)」に赴き、店長代理(イト●氏)並びに女性店員、その他に前日にクレジット決済を行った店長(当日は不在のため電話の対応)の3名に対して7月30日の飲食代金合計金167,700円(①56,000円、②111,700円)についての説明を求めたところ、3名にて当日の伝票を確認したうえで「すみません。①56,000円→5,600円、②111,700円→11,700円の間違いでした。正しい代金は①5,600円+②11,700円=17,300円となります。週明けには担当者(実際にクレジット決済ミスを行った店長)よりご連絡のうえ返金処理致します。」とのことで、決済金額のミス入力を認め返金処理を約束される。尚、当日の返金処理の約束を明確にする為、同店員(店長代理・イト●氏)と被害者にて最寄り交番(鶴見駅前交番)へ同行のうえ記録を残す。(対応警察官、大●氏・熊●氏)

6、その後、数日間当該飲食店「B●RT●X(クレジットカード決済名はV●RT●X)」からの返金処理についての連絡を待つも一切連絡なし。被害者より連絡するも電話が繋がらず。

その為、8月4日の時点で被害者にて再度当該飲食店「B●RT●X(クレジットカード決済名はV●RT●X)」に訪問のうえ返金処理を要求。そこで当該飲食店「B●RT●X(クレジットカード決済名はV●RT●X)」と同グループの飲食店(ゆい●ーる)店長(田●氏)が対応、カードリーダー操作による返金処理を実施するも返金処理は完了せず。後日の返金処理を約束された為、被害者はそのまま帰宅。

7、その後も再三に亘って当該飲食店「B●RT●X(クレジットカード決済名はV●RT●X)」に対して返金処理を要求するも「端末が古い為に返金処理が出来ない。」などと意味不明な説明で返金対応は行なわれず。

8、8月23日の時点で当該飲食店「B●RT●X(クレジットカード決済名はV●RT●X)」は「決済金額に相違は無い」などと主張をはじめ、一切の返金処理を拒否。

上記の経緯を経て、被害発生から約2カ月が経過した後、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応   本件は通常のぼったくり被害(客を酩酊状態としたうえ、飲食代金名目で著しく高額な料金を請求、客の承諾を得ることなくクレジットカードにて決済する若しくは近隣コンビニATMに連れて行き現金を引出しさせたうえ奪うといった内容)とは異なり、店側が請求金額ミスを認めたにもかかわらず、その後の返金処理(クレジットカード決済の取消処理、若しくは現金による返金)を拒否している事案であった。そこで、即刻クレジットカード会社へ一連の経緯及び不当請求部分についての即時補償を要求する。尚、同時進行で管轄警察署へ被害相談を行うも、民事不介入を理由に一切対応なし。

結果  クレジットカード会社への補償申請書を郵送の約3カ月が経過した後、クレジットカード会社よりクライアントへ連絡が入り、本件被害の不当請求部分(店側が当初間違いを認めていた分)の全額補償適用が決定、数日後にクライアント口座へ振込により返金となった。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様
お世話になっております。●●です。本日、当方の口座への着金が確認できました。(●●カードからの返金連絡があってから6日目でした)本件についてはまだこれからカード発行会社と決済代行会社間で調整が続くようですが、決済分の全額が戻り、ひとまず安心しております。ここに至るまで約5ヶ月と非常に長い時間がかかりました。不当決済を行った店舗、カード発行会社、警察、国民生活センター、様々な所へコンタクトを取りましたが、私の立場になって話を聞いてくれる場所は少なく、途中で挫けそうになる場面も何度もありました。そんな中、的確かつ迅速に対応いただける梶山様の存在だけが私の心の支えとなりました。感謝しても感謝しきれないほどです。本当にありがとうございました。私に対して不当決済を行った店舗はこの間で名前を変えましたがまだ営業をしています。(横浜~川崎にかけ系列店が多数あります)警察はこの手の事象には介入しないようですので、不当決済店はなおも存在し新たな被害者を生み出し続けています。不幸にも被害にあわれた方はこのHPにたどり着くことが多いと思います。梶山先生と共に解決に向けて歩みを進めてください。諦めることなく解決をしていたただくことこそが不当決済店撲滅への一助となるはずです。私の件はHPに載せていただいてかまいません。本当にありがとうございました。●●●●

競馬レース情報(馬主を保護する為の100%的中する特別なレースへの参加)詐欺 ・契約代金1,630,000円全額の回収に成功

日時 2022年11月

場所 業者の所在不明

事案 典型的な「競馬レース情報提供詐欺」のケース。在宅ワークの募集サイトに登録したところ、詐欺業者より電話連絡にて勧誘を受け、そこで「弊社の馬券投資は8割的中する」との説明を受け、会員登録のうえ少額を投資(自身で馬券を購入する訳ではない為、実際に馬券購入の有無は不明)。その後「的中した」とのことで配当金を受け取るという流れを数回繰り返し、クライアントは完全に詐欺業者を信用してしまう。その後に「馬主を保護する為の100%的中する特別なレースがある」などと勧誘を受け、クライアントは最終的に金1,630,000円もの高額な料金を支払う。しかし、その後は「的中したので5400万円が配当される。しかし同配当金を受け取る為には事前に税金の856万円の支払いが必要」などと追加の料金支払い要求を受け、自身が詐欺被害に遭っていることに気がつき、同様被害に詳しい当事務所へご相談。

対応  本件が典型的な詐欺であることは容易に判断出来るが、業者は所在地を公表しておらず、確認出来るのは電子メールアドレスのみ。また代金の振込を指示された複数の口座も全て個人名義の口座であった。

その為、即時最寄り警察に被害相談に伺い被害届の正式受理手続きをすすめつつ、クライアントには継続して騙されたフリを指示のうえ相手業者の指示する新たな銀行口座情報を聞き出してもらい、それを担当刑事に伝え随時凍結を依頼。それらの凍結が完了した時点で、本来は内容証明郵便にて送付する契約の取消及び代金全額返金要求の通告文書を当事務所より電子メールにて詐欺業者へ送信。内容としては「民法上の詐欺取消を理由とする契約取消通知。即時全額返金に応じない場合には刑事告訴するとともに、同様被害者をSNSや集団訴訟サイトを駆使して多数募ったうえで返金請求を行う。さらに新規客を装い常に貴社へアプローチうえ貴社が詐欺に使用している口座を聴きだしたうえ随時凍結していく!!」といったものでプレッシャーを掛けた。

結果  電子メールを送信した直後に相手業者より返信が入り、「刑事告訴をしないことを約束する示談書を交わしたうえであれば即時全額返金します」とのことであった。そこで、当職にて早急に示談書を作成、クライアント様の署名押印をしたデータを詐欺業者へ送信。そうしたところ2日後にクライアント指定口座まで既払い金全額の振込返金が確認され、本件は被害金全額の回収に成功

クライアントからのメール(原文のまま)
今回は大変お世話になりました。
私と同様な詐欺被害に会って居られる方を少しでも救うことが出来るなら、本件事例について、梶山行政書士事務所HPへの掲載を許可致します。今後とも宜しくお願い致します。

赤坂・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・2店舗での不当クレジット決済(金257,500円)全額の不当決済取消(補償適用)に成功・管轄警察署にて被害届正式受理なし(相談受付のみ・一時遺失届として受理)・クレジットカード紛失なし・サイン決済

場所  赤坂

日時  2022年1月17日の深夜より翌日未明

事案   同様の被害としては典型的なケース。経緯としては以下。

1、2022年1月17日午後7時ごろから東京都港区赤坂3丁目の飲食店(本件とは無関係の店舗)にて被害者は知人と会食。午後11時ごろに退店。解散。

2、被害者が帰宅の為に路上にてタクシーを探していたところ、外国人(アジア系)女性キャッチに声を掛けられ、「1時間4000円のみ」との料金提示を受けた為に了承。そのまま近隣の店舗に入店。

3、入店後、数杯飲んだ時点で意識を失う。

4、被害者が次に意識を取り戻したのは、1月18日の午前9時ごろにタクシーにて自宅に帰宅した際であった。

5、1月22日並びに23日、クレジットカードの利用明細を確認したところ、1月18日の未明、被害者が意識を失っている間に「クラブ・プ●ムローズ」「バーラウンジ・サ●ク」なる店舗にて合計金257,500円もの高額決済が確認され、本件不当決済被害が発覚。

6、被害が発覚すると同時に即時クレジットカード会社へ被害報告。

管轄警察署(赤坂警察署・刑事課・●●刑事)に対しても1月22日に被害相談済み(1月22日・相談受付番号●●番)

7、即時クレジットカード会社へ被害報告するも、補償適用を拒否される。

上記の経緯で被害発覚後、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応   本件は「複数店舗での被害」「最初に入店した店で数杯飲んだ時点で突如意識を失っている」「クレジットカードの紛失なし」「サイン決済」という事案であった。通常の内容証明郵便によるクレジットカード会社への調査要求(注文伝票・サイン伝票、その他資料の開示要求)及び補償適用要求。その後は警察へ被害届けの正式受理を強く要望。しかし管轄警察署では「クレジットカード窃盗」として被害届けは受理してもらえず、相談受付のみの対応。(※後日「一時紛失」の届出は受理された)

その後は内容証明郵便の発送後しばらくしてクレジットカード会社より補償申請用紙がクライアントへ届き、当職アドバイスのもと補償申請書に記入のうえ返送。

結果  クレジットカード会社への補償申請書を郵送の約9カ月が経過した後、クレジットカード会社よりクライアントへ電話連絡が入り、本件被害の全額補償適用が決定、本件は無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様     ご無沙汰しております。今年1月から赤坂の案件でご相談していた●●です。先週末、P●yP●yカードから郵送にて「ご利用分について第三者による不正利用が判明」し、「すべての手続きが完了」したとの連絡がありました。口座引き落としは免れたようです。発生から9ヶ月ほど要しましたが、梶山様の的確なアドバイスのおかげで晴れて不正利用分を取り返すことができました。誰にも話せない孤独と不安を受け止めてもらえたことが何よりの救いでした。お願いして良かったです。本当にありがとうございました。金銭面では解決できましたが、今もぼったくり店は営業を続け、警察の協力も得られにくいため被害者にとって厳しい環境だと痛感しました。飲みに行くときは注意を忘れないようにしようと思います。ありがとうございました。

新宿歌舞伎町・ぼったくり被害(詐欺・監禁・強要・不当請求)・マッチングアプリで知り合った女性に連れて行かれたバーにて高額請求の被害・被害金(約30万円)全額についてバーの経営者より全額返金・警察被害届正式受理なし

場所  新宿・歌舞伎町

日時  2020年9月●●日の午後7時~午後9時にかけて

事案   昨今、歌舞伎町にて被害が頻発している、マッチングアプリを利用したケース。経緯としては以下。

1、被害者が大手マッチングアプリにて女性(以下、「サクラ女性」とする)とマッチング。

2、その後はサクラ女性とLINE交換を実施、待ち合わせ場所などを打ち合わせ。

3、2022年9月●●日19時ごろに新宿駅東口周辺にて待ち合わせ。被害者がサクラ女性と合流すると同時にサクラ女性は付近にある多数の飲食店の中からとあるバー(共謀する店舗)を選択、そのままサクラ女性に連れられ入店。

4、入店後、被害者とサクラ女性は店員に案内されて席に着き、メニュー表を渡された。店員からは「飲み放題1名5000円+1名2フード制となります。」とだけ料金説明を受ける。

5、しばらく飲食した時点でサクラ女性が突然異常に大量の追加ドリンク注文を行う。

※注文の時点で大量に追加注文したドリンクは飲み放題とは別料金となることを説明されておらず、会計時に初めてその事実を知らされる。

6、2時間ほど飲食した時点で被害者とサクラ女性が会計をしようとしたところ、店員より合計金330,000円もの高額請求を受け、またクレジットカード利用不可とのことであった。

7、当然の如く被害者とサクラ女性は高額な現金など所持しているはずもなく、そこで店員に付き添われ近隣のコンビニATMにてキャッシングを利用するよう指示されるも、被害者もサクラ女性も所持するクレジットカードでキャッシングが出来ず。※この際、店舗を一度出る為に保証金として被害者は手持ちの現金10,000円を支払させられる。

そうしたところ、サクラ女性より「私が全額支払う。渋谷に住む友人に借りて戻るから待っていて。」と提案。しかし被害者はサクラ女性の逃亡を予測できた為、サクラ女性1人での退店を制止したが、共謀店舗の店員から「こちらとしていても3年やっていて、知り合いに力ある人とか偉い人とかいるからね。監視カメラとかあるから家とか会社に連絡したりいったりするよ。この女性の友人に頼るしかないでしょ?」などと脅迫的な発言を受け、被害者はサクラ女性を制止出来ず。その状況でサクラ女性は「友人に飲食代金33万円を借りる為」とのことで1人で退店。しかし、その後は被害者の予想どおりサクラ女性は店舗に戻らず連絡も一切取れない状況となった。

8、サクラ女性が共謀店舗に戻らず、さらに連絡も取れない状態となったことから、店員より「仕方がないので近くの質屋でクレジットカードで金製品を買ってもらう」とのことで、被害者は近隣の質屋に連れて行かれ、そこで共謀店舗店員が金製品を高額な順に選び、被害者所持のクレジットカード利用限度額まで購入させられる。その後、被害者は近隣の貴金属買い取り店に連れていかれ、そこで先程質店で購入した金製品を現金に換金させられ、換金された現金約20万円をその場で店員に奪われ、さらに飲食代金33万円に不足する金額を後日支払うよう脅迫を受け、支払を約束する旨の一筆を書かされたうえ、免許証のコピーをとられ、さらに携帯電話番号を確認される。その後に解放。

9、後日、被害者がSNSにて調査した結果、共謀店舗店員(店長)のSNSアカウントに対して、サクラ女性がフォローしており、サクラ女性と共謀店舗が以前より繋がっている事実が発覚。

10、警察へ被害相談するも何ら対応してもらえず。

そこで、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応  本件は昨今において新宿歌舞伎町界隈で頻発する典型的な被害。ただし、本件はキャッシュカードやクレジットカードにて現金引出しが出来ないこともあり、近隣の質店で換金率の高い金製品を購入させ、即時買い取り店へ持ち込み現金化したうえで奪うという、より悪質な事案であった。

まずは以前に同様事案において被害金の回収に成功したケースと同様、ぼったくり行為を行っているバー(共謀店舗)宛てに内容証明郵便を送付、本件はサクラ女性とバーが共謀しての不当請求である旨を通告のうえ、既払い金全額(現金にて支払った代金、商品購入代金と換金した金額の差額は損害として算出)の返金を要求。

しかし、その後はバー(共謀店舗)に内容証明郵便が送達するも一切回答なし。その為に調査を継続したところ、被害者において「サクラ女性」のSNSアカウントに掲載されている本人の写真から、バー(共謀店舗)オーナーのSNSともつながっていることを確認、そこからサクラ女性に対して通告のメッセージ(文書は当職にて作成)を送信。

結果   サクラ女性への通告メッセージを送信した数日後、バー(共謀店舗)オーナーより連絡が入り、「自分はバーのオーナーだが、店のオープン前の時間だけ他の人間に間貸ししているだけ。この件には一切係っていない。本件について早期に終結させたい。店を間貸しした人物から返金する為の金は預かっており、被害金はすぐに全額返金する。」とのことであった。その後は早急に示談書(当職にて作成)を取り交わし、示談書を取り交わした当日にバー(共謀店舗)オーナーより被害者に対して被害金約30万円全額が振込にて返金となり本件は無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

お世話になってます。入金確認いたしました。確認よろしくお願いします。