カテゴリー別アーカイブ: 成功事例

成果が出た一部の依頼について、クライアント様の承諾を得て掲載しています。

錦糸町・ぼったくり被害(不正カード決済)・不当クレジット決済(金449,700円)被害(暗証番号決済)について、全額の決済取消に成功・警察被害届受理なし(被害相談受付)

場所 錦糸町

日時 2021年4月

事案 2019年4月●日の未明、錦糸町での被害。経緯としては下記。

1、2021年4月●日の深夜、錦糸町駅周辺の飲食店にて飲食を終え退店。この時点で被害者は酩酊状態であった。

2、被害者が帰宅の為に駅に向かって歩いていたところ、路上でキャッチより声をかけられ「60分3000円のみ」との料金説明を受け、そのまま近隣の飲食店「店名・クラブ ●●ーメ●リー」に4月●●日の午前0時ごろ入店。入店時までは辛うじて意識があったものの、入店後は意識を失う。

3、次に被害者が意識を取り戻したのは、翌日の夕方に自宅であった。

4、4月●●日、クレジットカード会社からの利用確認メールが届き、内容を確認したところ4月●●日未明に被害者が意識を失っている間に著しく高額なカード利用が2回に亘って行われている事実、即ち本件不当決済被害が発覚。

5、4月●●日、クレジットカード利用明細を確認し本件不当決済被害が確定。翌日4月●●日にクレジットカード会社へ被害報告。

6、同時に管轄の警察署に被害相談。「同地域で全く同様の被害が多発している。被害届の正式受理については、まずクレジットカード会社より本件不当決済に関連するサイン伝票や注文伝票などの資料及び店舗の情報開示を受けてからとなるので早急に取り寄せるように。」とのアドバイスを受ける。しかし、その後もカード会社は暗証番号決済であることを理由に本件不当決済の取消を認めず請求を継続するとのことであった為、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応  本件は典型的な被害のパターンである。よって、即刻クレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、本件において不当決済と判断出来る箇所を指摘のうえ本件不当決済の取消対応を要求。同時に飲食時間や飲食内容が確認出来る注文伝票の開示を要求。その後、全く身に覚えの無いほど大量の注文が記載された注文伝票が開示され、被害者にてクレジットカード会社へ不当決済の取消要求を再度行うも、やはり暗証番号決済であることを理由に決済取消を拒否される。その為、今度は管轄警察署への被害届をアドバイス。当初、担当刑事さんは被害届の受理を断固拒否するも、強く対応を要求したところ「相談受付」となり、また同店での全く同様被害が他に存在するとの情報を提供してもらう。その後、管轄警察署での相談受付番号並びに同店での同様被害者の存在が確認出来ている事実をクレジットカード会社へ報告したところ、クレジットカード会社より補償申請の為の申請用紙が郵送され、同申請書に必要事項を記入のうえ返送。この時点で被害発生から約2カ月経過。

結果  クレジットカード会社への最初内容証明郵便を送付した約5ヵ月後、補償申請から約3カ月後、クレジットカード会社より被害者(クライアント)へ連絡が入り、本件不当決済について全額補償するとのこと。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生

お世話になっております。ご無沙汰しております。錦糸町のカード被害の件でご相談させていただいておりました●●です。6月初めにカード会社への「被害通知書」ならびに「被害ヒアリングシート」を提出し、被害金について保険の補償申請をしておりました。それから進展がございましたので、ご報告申し上げます。2021年9月●日 09: ●●不在着信あり・・12: ●●着信{約1分通話}(●●カードお客様相談センター)担当: ●●ジ氏より、内容としては、当方の申請が受理されて(カード被害額)『全額取消し』となった事。また、既に処理済みであるとの事。ついては、追加の書類やりとりや、追っての通達等はない旨を確認し、このたびはのトラブルについてのお詫びの言葉まで口頭で受けることが出来ました。なお、以前まで担当されていた「●●●●氏」は既に別部署に異動されており、今回対応いただいた方は物腰も柔らかく。気持ち良く応対いただくことが出来ました。ここ数ヶ月は不安ながらも「結果待ち」状態がが続く中疲弊しておりました。唯一の希望としては、当該被害について毎月カード会社からの『請求保留』が続いておりました。また、夏頃に本件トラブルのあった店舗「ニュー●●リー」が潰れて、店舗が無くなっているという知らせを近隣の友人から聞いておりましたので、一縷の望みを抱きながら過ごしておりました。被害にあった4月●●日から、足掛け5ヶ月に渡る長い闘いでしたが、先日無事に「(約45万円)全額取消し」による終了を勝ち取った事をご報告させていただきます。時節柄、直接お会いしすることは叶いませんでしたが、梶山先生からは、励ましや本トラブルへの心構え、各所への対応のすべてをご教示いただきました。本当にありがとうございました。重ねてお礼申し上げます。今後こういったトラブルに巻き込まれることのないよう注意しながら。また、周りの人が同様の被害に遭わないようアドバイスしていきたいと思います。今回、梶山先生のお力添えを受けて、改めて法律知識が身を助けると痛感いたしました。今後は自らに必要な法律の知見を深めながら生活していきたいと自省しております。末筆になりますが、今回ご報告が遅れましたこと申し訳ございません。今では梶山先生にご相談して本当に良かった!と、晴れ晴れとした心持ちで過ごせます。本当に、ほんとうにありがとうございました。これかも誰か困っている方にお力添えくださいますようお願い申し上げます。梶山先生の益々のご活躍、ご発展を祈念しております。

●●●●

競馬予想自動購入システム(●●it●(勝馬投票券の自動投票ツール))・契約代金60万円全額の回収に成功

日時  2021年9月

場所  東京都

事案  昨今、被害が多発している「SNS」「出会い系アプリ」にて集客するパターン。本件についても「出会い系アプリ」にて知り合った人物(異性)より事業に呼び出され、そこで本件システムの購入について勧誘を受け、翌日に別の飲食店に呼び出しのうえ契約という流れ。勧誘時における販売業者側のシステム運用による収益説明としては典型的な収益を約束する内容であった。クライアントにおいて契約直後に不安を感じて販売会社をネット検索したところ、同者より「馬券を自動購入、馬券的中にて運用利益を上げるという自動購入システム」を購入して使用するも、勧誘時に約束された運用利益を得ることが出来ないという被害者が多数存在することを知り、契約解除及び返金を希望し同様の事例に経験豊富な当事務所へ相談。

対応  まず本件は勧誘時の説明内容において複数の法律違反となる内容が含まれていたが、一連の経緯から特定商取引法に定める「訪問販売」と判断出来、さらにご相談頂いたのがクーリングオフ期日内であった為、即時内容証明郵便にて本契約が特定商取引法に定める訪問販売であることを指摘のうえクーリングオフを通知。本契約代金の即日全額返金を要求した。

結果  内容証明郵便が販売会社に送達した当日、クライアントの指定口座へ本契約代金全額の返金が行われていることが確認出来、本件は即日解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

2021年9月2日に60万円全額振り込まれました。

梶山先生、本当にありがとうございました。

iPhoneから送信

大手寝具販売会社の店舗での売買契約、消費者契約法違反(退去妨害)を理由とする契約取消を要求、無条件解約に成功

日時   2021年8月

場所   愛知県

事案   クライアントが自身で入店した大手寝具販売店での売買契約についてのご相談。店舗内で店員2名に執拗な勧誘を長時間受け、結果的に複数の商品(合計金約140万円)についてクレジットにて契約してしまったという事案。

対応   本件は既に一部商品が納品済みであったが、もっとも高額な商品が未納の状態であり、さらには契約時において退去を希望するクライアントに対して店員が約3時間近くの長時間勧誘を行ったうえでの契約であった為、即時内容証明郵便にて消費者契約法違反を理由とする契約取消の通知を送付。即時クレジット契約の解除手続きを要求

結果   内容証明郵便が送達した後、複数回販売会社とやりとりした結果、販売会社が無条件解約に応じ無事解決

クライアントからのメール(原文のまま)

お電話での報告の為にメールなし

SNSにて勧誘・ビジネスセミナー受講及び代理店契約・事業所にて契約・契約代金約140万円のうち85%の回収に成功

日時  2021年8月

場所  東京都

事案  SNSにて知り合った人物と友人関係になり、その後でビジネスセミナー受講についての勧誘をLINEにてうけ、最終的に事業所で面談の際に本契約によって得られるスキルやそれによって発生する収益について「営業力が無くネットワークビジネスで全くうまく行かなかった方が弊社のセミナーで営業力というものを学び、それによりみなさん1ヵ月~2カ月で売上を上げて脱サラして、半年~1年後には起業している。貴方ならいま話してる感じ1ヶ月くらいで結果(売上発生)出ますよ」等の説明を受け、その場で契約を申込、代金はクレジットカードにて決済。しかし、契約後に明らかとなった収益を得る為の方法とは「SNSを利用して(販売目的は告げず)DMを不特定多数に送り続け、その中で反応のあった人物にアポをとりLINEなどで連絡を取る中で信頼を得て友人関係となり、そこから「ビジネスセミナー受講契約」について勧誘、同契約締結実績に応じてインセンティブが発生する」というものであった。その為、クライアントは契約の解除及び返金を希望し、同様の事案に経験豊富な当事務所へ相談。

対応  本件は特定商取引法に定める訪問販売に該当し、また法定書面の「交付」が行われていないことでクーリングオフが可能であり、また仮に法定書面が交付された(若しくは法定書面の事前交付が不必要)と解釈できる場合であっても勧誘時における収益に関する説明が消費者契約法違反(断定的判断の提供)となり、また収益を得る為の方法が不当な勧誘行為(販売目的を告げず不特定多数にDMを大量に送信するという行為は各社SNS規約に反する行為であり当方アカウント停止となる可能性が著しく高い)であることは明らかで、それらの事実を内容証明郵便にて販売会社へ送付、本契約の取消並びに即時全額返金(クレジットカード決済の取消)を通告した。

結果  内容証明郵便が販売会社に送達された後、即時販売会社側より反論の書面が届いたが、同時に本契約代金の約85%の金額を即時返金する旨の和解条件が提示され、クライアントの方でも同条件での和解に承諾。その数日後クライアントの指定口座に合意和解金が全額振込となり本件は無事に解決

クライアントからのメール(原文のまま)

お世話になっております。昨日、口座の方に返金されておりましたがクレジットの支払いは停止できずに支払いは続くんでしょうか?よろしくお願い致します。最後までサポート頂きありがとうございました。これで全て解決ということでよろしいのでしょうか?

購入した車両が納車されず・契約解除・契約金全額返金要求・全額返金に成功

日時  2021年8月

場所  大阪府

事案  個人経営の中古販売業者との間で車両売買契約を締結、代金33万円を支払う。しかし、その後は納車期日を1ヵ月以上経過後も車両が納車されることはなく、売主との連絡も取れない状態となる。そこで、クライアントとしては契約解除及び代金の返金を希望し同様の車両売買トラブルに経験豊富な当事務所へご相談。 

対応  本件、まず早急に内容証明郵便にて、売主の履行遅滞を理由とする契約解除を通知しつつ、契約代金返金及びその他損害金(付属品購入費用、車庫証明含めた諸費用、現車確認の為の交通費、その他)の支払を要求。しかし、内容証明郵便は送達となるも、一切返金対応も連絡も無し。そうしたところ、当該車両が売主の借金により第三者に差し押さえられている事実が発覚、それと同時にクライアントが知り合いから売主の父親の電話番号を入手したとのことで報告を受けた為、当職より「車両が既に販売出来ない状態であったにもかかわらず、売買代金を※※様より受取ったとのであれば詐欺であり、早急に管轄警察署に被害届を出してください。その後、父親とコンタクトをとる際には、電話でも面談でも、とにかく全ての会話を録音すること。そして息子の詐欺行為について既に警察へ被害相談をしているので、今後において返金対応が無ければ正式に被害届を受理してもらう」といった内容を伝えること。」をアドバイス。その後、クライアントと売主の父親が会話する中で、父親より「息子に確認するから、もう少し待ってほしい。もしも※月※日までに納車が出来なかったら、私が替わって車両代金33万円を返金します。」(録音済み)との約束であった為、再度数日納車を待ったが売主からの連絡はなく納車も行われなかった。約束の期日経過後、再度クライアントより売主父親に電話連絡のうえ、車両代金の返金を要求。

結果  約束の期日経過後、再度クライアントより売主父親に電話連絡のうえ、約束どおり車両代金の返金を要求したところ、数日後に父親より車両代金33万円がクライアントの口座に振り込まれ、また謝罪の連絡も入り、本件は無事に解決。

 クライアントからのメール(原文のまま)

ご無沙汰してます。 返金請求の件ですが、本日昼に口座確認したところ、●●●●●●●名義で33万円返金の確認が取れました。とりあえずこれで一件落着かと思います。今まで相談に乗っていただきありがとうございました。又この件含め何かありましたらよろしくお願いします   iPadから送信