購入した車両が納車されず・契約解除・契約金全額返金要求・全額返金に成功

日時  2021年8月

場所  大阪府

事案  個人経営の中古販売業者との間で車両売買契約を締結、代金33万円を支払う。しかし、その後は納車期日を1ヵ月以上経過後も車両が納車されることはなく、売主との連絡も取れない状態となる。そこで、クライアントとしては契約解除及び代金の返金を希望し同様の車両売買トラブルに経験豊富な当事務所へご相談。 

対応  本件、まず早急に内容証明郵便にて、売主の履行遅滞を理由とする契約解除を通知しつつ、契約代金返金及びその他損害金(付属品購入費用、車庫証明含めた諸費用、現車確認の為の交通費、その他)の支払を要求。しかし、内容証明郵便は送達となるも、一切返金対応も連絡も無し。そうしたところ、当該車両が売主の借金により第三者に差し押さえられている事実が発覚、それと同時にクライアントが知り合いから売主の父親の電話番号を入手したとのことで報告を受けた為、当職より「車両が既に販売出来ない状態であったにもかかわらず、売買代金を※※様より受取ったとのであれば詐欺であり、早急に管轄警察署に被害届を出してください。その後、父親とコンタクトをとる際には、電話でも面談でも、とにかく全ての会話を録音すること。そして息子の詐欺行為について既に警察へ被害相談をしているので、今後において返金対応が無ければ正式に被害届を受理してもらう」といった内容を伝えること。」をアドバイス。その後、クライアントと売主の父親が会話する中で、父親より「息子に確認するから、もう少し待ってほしい。もしも※月※日までに納車が出来なかったら、私が替わって車両代金33万円を返金します。」(録音済み)との約束であった為、再度数日納車を待ったが売主からの連絡はなく納車も行われなかった。約束の期日経過後、再度クライアントより売主父親に電話連絡のうえ、車両代金の返金を要求。

結果  約束の期日経過後、再度クライアントより売主父親に電話連絡のうえ、約束どおり車両代金の返金を要求したところ、数日後に父親より車両代金33万円がクライアントの口座に振り込まれ、また謝罪の連絡も入り、本件は無事に解決。

 クライアントからのメール(原文のまま)

ご無沙汰してます。 返金請求の件ですが、本日昼に口座確認したところ、●●●●●●●名義で33万円返金の確認が取れました。とりあえずこれで一件落着かと思います。今まで相談に乗っていただきありがとうございました。又この件含め何かありましたらよろしくお願いします   iPadから送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。