成功事例・追加支払免除で和解

日時 平成27年5月
場所 愛知県
事案 賃貸借契約していた物件について、退去清算において敷金13万2千円を大幅に上回る修繕費用(約40万)を請求された事案
対応 内容証明郵便にて修繕費用の全額負担を拒否し、国土交通省ガイドラインに沿った清算をやりなおすように要求、敷金の範囲内であれば支払を行う旨を提案
結果 借主の修繕費用負担が当初の40万から敷金と同額の金13万2千円に減額となり、結果、追加の修繕費用を免除の形で和解。
クライアントからのメール(原文のまま)
この度は有難うございました、
管理会社からの連絡がありまして、退去費用が諸々で修理合計金額が13200円でした。この金額は敷金と同額でした、これで了解して管理会社へ印鑑を押して了解の書類を返送しました、今後なにかありましたらよろしくお願いします、有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。