成功事例・黒人バー・歌舞伎町ボッタクリ被害・14万円の不当クレジット決済の取り消し完了

場所 東京都
事案 新宿歌舞伎町の路上にて外国人(黒人)キャッチに声をかけられ、そのまま強引に飲食店に入店させられる。その後で約1時間後に会計となったところ合計金14万円もの高額請求を受け、強く支払を拒否したが、恫喝を含めた請求を長時間に亘って受け、最終的にはクレジットカードを取り上げられたうえでカードリーダーを通される。(明細書へのサインや暗証番号の入力は行なっていない)即日にクレジットカード会社に連絡を入れ、被害報告及びクレジットカード決済の取り消しを要求するも、クレジットカード会社は「弊社では何もできない」「店舗に確認の連絡を入れるが、それ以上はできない」「店舗が決済取り消しをしない場合は請求することとなる」との対応。その後に警察が正式に被害届を受理するも、クレジットカード会社は中々決済の取消に応じない。

対応  まずクレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、不当決済の取消を要求、それと同時にボッタクリ店の情報開示を要求。クレジットカード会社よりアクワイヤーへ決済取消を要求するように指示。

結果 約3か月の決済取消要求の結果、カード会社より連絡があり、不当カード決済14万円分の取消にて解決。

クライアントからのメール(原文のまま)
梶山先生
お世話になっております。昨日、●●●カードより決済取り消しの連絡が入りました。本当にお世話になり、誠にありがとうございました。取り急ぎ、ご報告となりますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。