成功事例・車両売買契約のキャンセル

日時 平成29年5月
場所 神奈川県
事案 大手中古車販売チェーン店にて担当者より「共同在庫」との説明を受け、現車確認はせずに中古車の売買契約を正式に申込。しかし、申込の数時間後に当該車両が他の店舗でより安価で販売されている事実が発覚、即時契約の解除を要求するも、販売業者より解約を拒否され代金全額の支払いを要求された事案。
対応 内容証明郵便にて本件売買契約の解除を通知、それと同時に現時点で関連書類の提出なども一切行っておらず、納車整備なども開始前であって、店舗側に実損害が発生していない点、そして何よりも共同在庫などと称して他の販売店の在庫車両を通常価格に上乗せした金額で販売するという点を主張し、本件契約の無条件解約を通知。
結果 その後、1ヵ月以上が経過したが販売店からの連絡は無く、違約金請求なども行なわれず
クライアントからのメール(原文のまま)
●●です。
大変お世話になっております。
あの担当者と二度と話したくないと思い、連絡しませんでしたが、1か月たち
何も言ってこないので恐らく大丈夫なのかと思います。
ちなみに同車両が、HPで在庫として販売されていました。

86 ●● HDDナビ フルセグTV バックカメラ 純正17アルミ| 中古車検索・販売なら●●●●で!
http://www. ●●●●.co.jp/
何らか連絡をしてこない、手付金も返さない、これが上場企業の対応かと正直呆れましたが
中古車屋というものはこういうものかと学び、この先十分気を付けたいと思います。
梶山先生、本当にどうもありがとうございました。たった一通の内容証明で、こんなに効き目あるもんだと思いませんでした。裁判も覚悟して弁護士さんへの相談もしてましたが、どうにか収まったようです。(?)この先、また何かありましたら助けていただければ幸いです。
その際はまたよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。