占い(占断)サイト被害・コンビニ電子マネー決済金半額の返金にて和解

日時 平成29年8月

場所 新潟

事案 軽い気持ちで無料の占いサイトに登録、その後は無料占断期間を経た後に有料占断となる。
ポイント代金名目で電子マネー決済にて代金を支払、クライアントが希望する占断内容をサイト登録の占い師に伝えるも、担当占い師は希望に沿った占断(鑑定)を行わず、単にクライアントの不安を煽る内容及び占断継続をしなければならない旨の内容のみ伝えるた為、クライアントは占断の継続に必要なポイント代金の名目にて数度に亘る電子マネー決済を実施、結果的に高額な代金(約40万円)支出を行った。その後もサイト側は希望に沿った占断を行わず、ただやり取りを長期化、ポイント代金の消費を繰り返させるかの如く対応に終始。クライアントとしても自らが不当な占いサイト被害に遭っていることを認識し、同様被害への対応経験のある当事務所へ相談。

対応 本件はクライアント自身も利用金額を確認出来ておらず、まずは占いサイト側への情報開示要求のうえサイト利用明細の開示させ、その後に「消費者の不安を煽る形で占断依頼を継続させ、結果的に消費者が希望する占断を行わずに追加で費用を発生させるという不当な営業」を理由に本件占断を受ける為のポイント代金として電子マネーにて支払った総額約40万円について全額返金を要求する内容証明を送付。

結果 内容証明送付から約3カ月間の協議の末、既払い金の半額を一括返金とする条件で和解。その後約束の期日に返金となり終了。

クライアントからのメール(原文のまま)
差出人: ●●●● <●●●.2011. ●●@docomo.ne.jp>
題名: 返金のご連絡
メッセージ本文:
梶山様、ご無沙汰しております。新潟県の●●●●と申します。
以前梶山様にご依頼致しました、占いサイト会社(ア●●ィブ)と書面を交わし、8月1日に約束通りの金額が返金されました。ご報告致します。
本当に梶山様には親切丁寧に対応して頂き、沢山アドバイスして頂き本日に至りました。ありがとうございました。
今後は自分自身の行動を考え、二度とこの様な事に手を出さない様にして行きたいと思います。
しかし、また困った事がありましたら梶山様を訪ねたいと思っております。本当にお世話になりました。


このメールは 梶山行政書士事務所 (http://s-kajiyama-office.com) のお問い合わせフォームから送信されました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。