海外(上海)マッサージ(風俗)ぼったくり被害・17000元(約33万円)の不当クレジットカード決済の全額取消に成功※現金にて支払った600元は未回収

日時 平成30年12月

被害地 上海

事案 上海でのボッタクリ事件としては典型的なパターン。経緯としては以下。
(1)平成30年11月23日の午後11時ごろ、上海の宿泊先ホテル周辺を1人で歩いていたところ、日本語のできる中国人女性に声をかけられる。「マッサージどうですか?400元だけ」と声を掛けられる。

(2)タクシーに乗せられ10分ほど走行し店舗(普通の住居用マンションの上階)へ到着。個室に案内される。

(3)平成30年11月15日の午後11時15分ごろに入店、通常料金及びチップとして合計600元を支払マッサージ開始、約40分でマッサージ終了。

(4)マッサージ終了後に店を出ようとすると、突如屈強な中国人男性3名が部屋になだれ込んできて、「場所代を支払え。4万元。」などと脅迫を受ける。

(5)クライアントが支払を拒否すると、屈強な中国人より恫喝をうけ更に「頬をビンタ」「首を手刀で殴られる」などの暴行を加えられ、それでもクライアントが4万元という暴利的な料金を拒否すると「指を切り落とす」などと脅迫を1時間以上受け、また鞄を開けられクライアントの運転免許証の写真をとられたりパスポートも破ろうとされた為、クライアントは身の危険及び帰国出来ない状況となることを危惧し、最終的には手持ちの現金1700元を支払、その他所持していたクレジットカードにて1万元を決済(暗証番号入力とサインをさせられた)

(6)マンションの下まで連れていかれ、用意されたタクシーに乗せられホテルに戻った。

(7)犯罪者集団からの監視や仕返しなどを受ける恐れがあった為、日本領事館や現地警察に被害相談すら出来ずに帰国。

(8)帰国後も現地にて受けた暴行による身体の痛みが引かず、診断書を取得のうえ自宅所在地管轄の警察(日本)への被害届を提出、「恐喝」「傷害」にて被害届は即日受理。

対応  帰国後にまずに当事務所へご相談頂いた時点で、内容証明郵便にてあらためてクレジットカード会社に対して、被害詳細を報告するとともに本件不当決済取消若しくは保険適用により被害金の保証を再度強く要求。また同時に現地違法加盟店の調査及び情報開示を要求。同時に、クライアントが現地にて受けた暴行による身体の痛みが引かないとのことでしたので、即時日本の病院にて診察を受け診断書を取得するようアドバイス。そしてクライアント所在地管轄の警察署(日本)への被害届を提出すべく当事務所にて資料提供含めアドバイスを行い、手続きを進める。

結果 相談先の警察署にて即日「被害届の正式受理」となり、その旨を即時クレジットカード会社に報告のうえ、不当決済取消の手続きを再度要求するようにアドバイス。そうしたところクライアントからの報告を受けたクレジットカード会社と警察が連絡をとり、クライアントが行った被害相談内容を確認、その結果カード会社が即時本件不当カード決済全額の取消を決定

クライアントからのメール(原文のまま)

お世話になります。さきほど、●●●●カードのセキュリティー担当の方から連絡があり、今回は特別な対応ということで請求を全額免除していただける事になりました。あくまで特別な対応ですので、今後同様の申し出をされても同じようになるわけではありません、と念を押されました。

今回、被害にあってからは、カード支払いは止むなしと思っていたのですが、梶山先生のホームページをたまたま検索して見つけ、お願いしましたが本当に良かったと思っています。自分の海外慣れによる慢心が招いたトラブルでもあると思いますので今後このような事のないように留意したいです。あと、梶山先生のアドバイスで病院に行って、診断書をもらい、何度か通院したおかげで旅行傷害保険と会社で入っていた傷害保険から保険金がいくらか、おりる予定です。毎回先生の心強いアドバイスのおかげで、請求免除までたどり着きました。本当にありがとうございました。おかげで、良い年をむかえられそうです。梶山先生におかれましても、ますますのご活躍お祈りしています。それでは、良いお年をお迎えください。本当にありがとうございました。

●●●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。