HP制作(SEO対策含め)の契約(ビジネスクレジット契約)、無条件解約成功、HP完成前の違約金拒否

日時 2020年9月

場所 ※※

事案   個人事業主の方からの相談。「集客効果」を謳った新規HP制作及びSEO対策についての勧誘であり、典型的なパターンの事案。訪問のきっかけとしては営業マンより「既存のHP(リース)を下取り出来ます」との説明であった為に訪問を許可、その後実際に訪問した際の営業マンとの話で下取りの話は「現在の状況だと難し」とのことで消滅、そこからの勧誘文句としては「弊社が貴社のホームページを刷新、その後の継続的なSEO、SNS対策、ライターを使った随時更新、オンラインチケット発行等により集客・売上が向上する。」「僕を信じて任せてもらえれば大丈夫ですよ。全員でサポートしますので。」といったものであった。申込書に記入した直後に不安からクライアントが撤回を担当者に申し出るも断固拒否され、同対応を疑問に感じ調査したところ、契約した業者が以前より全く同様の説明で勧誘を行い、さらに契約後において勧誘時に約束された効果が一切ないという苦情が多数発生している事実を知り、再度業者に対して即時キャンセルを申出たが、再度販売会社からは断固キャンセルを拒否された為、対応に困ったクライアントは同様事案について経験豊富な当事務所へ相談。

対応   本件は申込の直後から申込撤回の意思を伝えており、当然の如くHP作成についての打ち合わせすら開始となっていない状態であった。またクレジット会社に対しても申込の段階であり、クレジット契約自体も未成立の状態。そもそも最初の勧誘時における説明で、あたかも集客や売上効果が見込めるかの如く示しつつ、実際には以前より同契約による集客効果や売上効果が皆無であることについての苦情を多数の顧客から受けていることから、同販売会社は自らが説明する効果が得られないことは十分に把握していたことが明らか。その為、内容証明郵便にて不当な勧誘方法を指摘しつつ本契約申込の取消及び名目を問わず違約金などの支払を拒否する旨を販売会社へ通知。また、同時に契約関係書類の全てを返却するように要求。

結果   「内容証明送付の数日に販売会社より電話連絡が入り、「無条件解約に応じ関係書類を全て返却する」とのこと。その後、実際に契約関係書類が全て返送され本件は解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

お世話になっております。本日 2020.9.● (●) 株式会社●●●ット〜書類一式 無事返送されました。ありがとうございました。m(_ _)m温かく心強いサポートにも感謝の気持ちでいっぱいです。お願いして良かったです!本当にありがとうございました。 ●●●整体●●●●●● ●● ●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。