成功事例・貸主請求金の減額に成功

日時 平成26年6月
場所 横浜市
事案 法人にて賃貸借契約していたマンションについて、退去清算において敷金を大幅に上回る約43万円もの修繕費用請求を受け、その後に内容証明郵便にて請求金の支払を拒否し、逆に敷金返金を要求した事案
結果 内容証明発送の結果、貸主より約13万円ほど減額の条件が提示され和解となった。
クライアントからのメール(原文のまま)
電話でのご連絡の為、メールなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。