成功事例・大宮駅周辺ボッタクリバー・48万4千の不当クレジット決済取り消し完了

場所 埼玉県大宮市

事案 埼玉県大宮駅周辺の路上を酩酊状態で歩いていたろころ、飲食店従業員と思われる者に声を掛けられ、近くの雑居ビルにある店舗に入店、(※尚、本人に記憶は無く、第三者の証言によるもの)、その翌日に3社のクレジットカードにて合計金1,401,000円もの決済がなされていることが確認された。

対応  即日、各クレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、本件が「昏睡強盗事件」であることを通知、同時に管轄警察署に被害届を行う(ボッタクリ被害で被害届正式受理)、その後もクレジットカード会社は「不当決済の証拠が無い」などと決済取消を拒否したが、再度被害届の正式受理の事実を告げたうけ、決済取消を要求。

結果 2番目に決済額の大きかったクレジットカード会社(クレ●ィ●ゾン)は最初に保険の適用を拒否し、1割は被害者に負担するよう打診してきたが、当然に拒否。その後約2か月ほど経過した段階で最終的に保険適用により全額の決済金補填の対応に承諾し解決。

クライアントからのメール(原文のまま)
梶山行政書士事務所
梶山 祥 様
いつもお世話様です。本日、クレ●ィ●ゾンから電話があり、全額●ゾンが支払いをするそうです。これで全て終わりました。これもひとえに梶山さんの御指導のおかげです。ありがとうございました。今後はこれに懲りて気をつけます。改めてありがとうございました。
●●●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。