六本木坂・外国人バー・昏睡ボッタクリ被害・約36万円の不当クレジット決済の取り消し完了

場所 東京都 港区六本木

事案 泥酔状態で外国人経営(スタッフ含め)のバーに呼び込まれ、入店から意識を失う。翌朝午前8時ごろに意識を取り戻したところ、クレジットカード会社からの着信が携帯電話に残っているに気がつき折り返し連絡したところ、昨晩の意識を失っている間に2枚のクレジットカードを使用し合計金36万の決済が行われていることが発覚。(※それ以上の決済も行われていたが、カード会社のセキュリティが機能して決済は停止となっている。)その後の調査により同時間帯に最寄りコンビニATMにて黒人女性2名に連れられ現金を引き出していることなど確認された。

対応  クレジットカード会社からの情報開示により店舗情報が把握出来ていた為、即刻同店へ内容証明郵便を送り、1名尚且つ泥酔状態で大量の飲食を行うことは不可能であり、本件クレジットカード決済が不当決済であることを指摘、決済の取消を要求。同時に最寄り警察に被害相談に行く。

結果 数日後、クレジットカード会社より連絡が入り、店舗よりクレジットカード決済金全ての取消対応が行われたと報告を受ける。

クライアントからのメール(原文のまま)
梶山先生、ご連絡遅くなってしまい申し訳ありません。
昨日、カード会社から連絡がありまして、本件が解決いたしました!
請求されそうになっていた二つの支払いがなくなりました。
本当にお世話になりました。ありがとうございます!

●●●●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。