大阪道頓堀・ボッタクリ及び不当カード決済被害・カード会社判断により不当クレジット決済全額の返金

場所 大阪 道頓堀
事案 珍しいケースのボッタクリ被害。以前に行ったことがあるキャバクラの従業員(女性)からメールで営業があり、同伴で店舗に入店。クライアントはセット料金以外の費用が発生する飲食を一切行わなかったにもかかわらず約2時間後にクレジットカードを渡して会計を要求したところ、なんと30万円以上の飲食代金を請求された為、当然に決済を拒否のうえクレジットカードを取り返して店を出る。尚、当然に明細などにサインもしていない。しかし、後日クレジットカード会社より自動配信されるカード決済確認メールにおいて、当日のクレジットカード利用履歴として合計金35万6180円もの決済が無断で行われていることが確認される。

対応  本件は典型的なケースと異なり、被害者に明確な記憶があり、また店舗が顧客の許可を得ずにカードリーダーに通した金額を売上としてカード会社へ請求したものである。よって、まずはクレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、本件が顧客の許可なく行われた不当決済であることを主張し、サイン伝票の不存在を確認のうえ即時決済取消するように要求。同時に最寄り警察署にも被害相談を行う。尚、被害届は正式受理とはならず「相談受付」として受理される。

結果 不当決済から約3カ月後、クレジットカード会社より「加盟店から利用明細内訳の提出が一切ない事からカード不正使用と断定した」とのことで保険適用の連絡が入り、本件不当決済金は取消となり、既に引落済みの代金は返金となった。
クライアントからのメール(原文のまま)
梶山さま
大変お世話になっております。
その後の連絡が大変遅くなっておりました。
先日まで、私も業務多忙、出張ありで12月中盤まで、管轄署に行けない状況でしたが、●●●●担当より電話、書類が届きました。並行して確認頂いていたとの事、先方からは利用明細内訳の提出が一切ない事からカード不正使用と断定、私からはその申請書類の提出で決裁済み額の返金予定との連絡でした。但し、警察署被害届け、受理番号はいるらしく、先日の休日ではありましたが、管轄署に出向き、本来は被害者には伝えない相談受理番号を貰い、申請書に記入し提出しました。これもかなり粘り限界の対応を頂いた所です。恐らく●●●●担当としても了承予定と聞きております。
これまで、色々ありがとうございました。恐らく、手続きが完了見込みです。報告させていただきます。
●●
iPhoneから送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。