新宿歌舞伎町・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・2店舗での不当クレジット決済(合計金約360,000円)全額の不当決済取消(補償適用)に成功・警察被害届正式受理なし・クレジットカード紛失・サイン決済・暗証番号決済

場所  新宿・歌舞伎町

日時  2020年9月3日の深夜から翌日9月4日の未明にかけて

事案   同様の被害としては典型的なケース。経緯としては以下。

1、2020年9月3日の午後10時40分ごろ、新宿区歌舞伎町の路上にてキャッチより声をかけられる。

2、キャッチに連れられ、近隣の飲食店に入店。

3、入店後に最初の1杯目に口をつけた直後に酩酊状態となり意識を失う。

4、次に意識を取り戻したのは、翌朝早朝に付近の路上であった。意識を取り戻した際に財布の紛失に気がつき、即時クレジットカード会社各社へ報告のうえ、利用停止手続きを実施。その後、すぐに管轄警察署にてクレジットカードを含めた紛失届を提出(新宿警察署、遺失届受理番号●●●●号)

5、同日の午後にクレジットカード会社にカード利用状況を確認したところ、9月4日の未明、被害者が意識を失っている間に2店舗及び近隣コンビニにて高額な決済されている被害が発覚。

6、後日、被害発生地域を管轄する新宿警察署に被害相談。担当刑事より「本件はクレジットカード窃盗とボッタクリ被害の疑いもある為、まずはカード会社から決済店舗情報や他注文伝票などの資料を全て取り寄せるように。」とのことであった。

7、本件で被害発生しているクレジットカード会社3社のうち、2社については不当決済を認める旨の連絡を受けるも、1社においては「被害発生時に酒に酔っていた」「紛失場所が明らかでない」「一部・暗証番号入力」を理由に補償適用不可との連絡を受ける。

そこで、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応   本件は「クレジットカード紛失」「暗証番号決済は1回、他はサイン決済」という事案であった。通常の内容証明郵便によるクレジットカード会社への調査要求及び補償適用要求。

結果   クレジットカード会社への補償要求内容証明郵便を発送した約2カ月後、クレジットカード会社より補償適用申請書が届き、「社内で検討するのでとりあえず補償申請書に記入して返送してほしい」とのこと。即時クライアントにて補償申請書を返送するもその後は一切連絡が無し。補償申請書の返送から約2カ月後になり特にカード会社からの連絡もなく突然に本件被害金の決済取消が確認されたことで、本件についてクレジットカード会社が全額補償適用を決定したことを知る。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様    お世話になっております。結局事前に通知とかは一切なく、先週オンラインで確認したところ突然カードの支払いがなくなり、今まで支払った差額が口座に振り込まれました。ちょっとモヤっとしますが、とりあえずこれで解決したと言えそうです。諦めないで本当によかったです。長期に渡ってのご協力ありがとうございました。何卒よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。