オートバイ売買契約・キャンセル違約金の免除、申込金全額の返金に成功

日時  令和3年12月

場所  東京都

事案  バイクショップとのトラブル。バイクショップにてオートバイについての売買契約(総額約100万円)を申込、同日申込金として198000円を支払う。その後、インターネットでバイク店の悪い評判が多数存在することで不安に感じキャンセルを検討、しかし売買契約書にキャンセルの場合には費用総額の20%を違約金として支払う旨の記載があり、即ち申込金が全額返金されないこととなる。同キャンセル条件に納得が出来ず、同様事案に経験豊富な当事務所へ相談。

対応  当職にて売買契約書を確認したところ、たしかに納車前キャンセルにおける違約金は支払総額の20%との記載が存在した。ただ、その他に「契約成立の時期」については「当該車両の名義変更」「依頼者の注文による販売会社の修理等の着手」となっていた。そして納車予定日まで1カ月ほどの猶予もあった為、まずは証拠が残るLINE若しくは電子メールでクライアントからバイクショップに納車整備の進行状況を確認するように当職よりアドバイス。その結果、バイクショップからの返信にて、現時点で納車整備が開始されていない事実が確認された。よって、内容証明郵便にて正式に本件バイク売買契約申込の撤回及び申込金全額の返還を通知。その中で上記を理由に「現時点で契約自体が成立しておらず、よってキャンセルではない為に違約金が発生しない」といった旨を記載。

結果  バイクショップへの内容証明郵便が送達後、期日までに先方からの返金も連絡も無かった為、再度督促文書を送付。そうしたところ督促文書が先方に送達した直後に申込金198000円全額がクライアント指定口座へ振込返金となり、本件が無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生 こんにちは。 
本日相手方より198000円全額の返金がありました。自分での少額訴訟も覚悟しておりましたが、おかげさまで無事解決できました。これも梶山先生の高い業務遂行能力のおかげだと存じます。感謝感激です。本当にありがとうございました。 ●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。