八王子・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・1店舗での不当クレジット決済(約18万円)全額の不当決済取消(補償適用)に成功・警察被害届正式受理なし(被害相談受付)・クレジットカード紛失なし

場所  八王子

日時  2021年11月●●日の深夜~翌日未明にかけて

事案   同様の被害としては典型的なケースではあるが、被害者はぼったくり店舗に入店した記憶すら無し。経緯としては以下。

1、2021年11月●●日の深夜、八王子市内の飲食店(本件被害とは無関係の店舗)にて知人と飲食。被害者は同店(本件被害とは無関係の店舗)にて泥酔状態となり意識を失う。

2、被害者が次に意識を取り戻したのは、11月●●日の午前6時ごろ電車内であった。

3、同日の午後、クレジットカード会社より「クレジットカード不正利用被害の可能性がある」とのことで確認の電子メールが届く。そこで本件不当決済被害が発覚。

4、即日クレジットカード会社へ被害報告。クレジットカード会社より「警察が被害届を受理しない限りは補償出来ない」と回答を受ける。

上記の経緯で被害発覚後、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応   本件は「入店の記憶も一切なし」「クレジットカードの紛失なし」という事案であった。通常の内容証明郵便によるクレジットカード会社への調査要求(注文伝票・サイン伝票、その他資料の開示要求)及び補償適用要求。しかし、その後も店舗は注文伝票・サイン伝票・その他資料の開示に応じず、3カ月ほど経過。その為、クレジットカード会社へ連絡のうえ警察署での被害相談受付番号を伝えるとともに、「適切な運営を行っている飲食店が注文伝票やサイン伝票の開示要求に応じないことなどあり得ず、不当決済が明らか」と指摘、即時補償適用を要求。そうしたところ、クレジットカード会社が補償申請の為の用紙を郵送するよう要求してきた為、要望に沿って補償申請用紙に必要事項を記入のうえ郵送。

結果   クレジットカード会社への補償申請要請の郵送後2週間ほどしてクレジットカード会社よりクライアントへ電話連絡が入り、本件被害の全額補償適用が決定、本件は無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

★電話での報告の為、メールなし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。