成功事例・敷金の追加返金

日時 平成26年6月
場所 東京都
事案 14年もの長期入居期間にもかかわらず、退去時に敷金とほぼ同額の高額な修復費用を家主より請求され、一方的に貸主側が主張する金額を差し引いた金額が返金された。その為、再清算及び追加返金を要求した事案
結果 契約書に記載のあるルームクリーニング費用の負担のみで貸主が承諾。追加金の返金で和解成立
クライアントからのメール(原文のまま)
梶山行政書士事務所
梶山様
お世話になっております。ご提示頂きました案で先方と和解が成立し、昨日着金がございました。誠にありがとうございました。梶山先生にご指導頂き、『支払うべきものは支払う』『不当な請求に対しては、毅然として断る』方針で最終解決出来ました。振り込み金額を計算したところ、1000円弱一致しない金額があり、本来であれば、もう終わらせたいのですが、昨日の不動産屋の電話の印象がとても悪く、最後まで確認を進めて参りたいと思います。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。