成功事例・買取り契約トラブル・業者からの減額要求拒否・契約書とおりの買取り代金の支払い

日時 平成29年1月

場所 福岡県

事案 大手車両買取り業者と買取り契約(買取り代金40万円)を締結、同日に車両引渡し完了。翌日、買取り業者より電話連絡が入り「事故車であることが発覚した為に減額になります。どうしても嫌なら持ち帰ってもらうことになります。相場でいうと買取り金額は10から20万円位になります」と一方的に減額要求を受ける。しかしながら、売主(クライアント様)は査定の際に買取り業者担当者に対して「6、7年前に事故でぶつけて修理に出しました」と明確に説明し同担当者も修復箇所を確認のうえ40万円の買取り金額を提示した事実、その他契約書面作成時、事故暦の有無の記入について担当者より「無に丸をしてください」との指示を受け、書面上あたかも売主が詐称を行ったかの如く工面されていた事実が存在した。

対応 内容証明郵便にて買取店の本社に対して通知を送り、上記の事実関係及び売主(クライアント様)側に不備が無いことを主張した契約書とおりの買取り金額の即時支払を要求。

結果 内容証明を送付の3日後、買取り業者より契約書面とおり40万円の振込が確認された。

クライアントからのメール(原文のまま)
こんにちは。
本日、ゆうちょ銀行に確認に行ったところ1/5付で入金されていることに気づきました。
昨日、一度●●●モーターからの着信がありましたが電話に出れませんでした。
今後の対応はどうしたらよいでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。