錦糸町・ぼったくり被害・昏睡カード窃盗被害(不正カード決済)・保険適用により不当クレジット決済の取消に成功・警察被害届受理済み

場所 錦糸町

日時 平成29年12月

事案 平成29年12月2日の未明に錦糸町駅周辺の路上でキャッチに声をかけられ、周辺の店(後の警察捜査にて「セブンスター」と判明)に入店。その後は同店舗の従業員に誘われ、続けて近くの店舗に移動、その後クライアントは移動先の店に入店後に最初の一杯を飲んだ時点で突如意識を失い、次に意識を取り戻したのは翌日正午ごろ同店内にて従業員より起こされた時であった。その際、同店従業員より60,000円の飲食代金を要求されるものの余りに高額であった為に拒否し、最終的に金20,000円の飲食代金支払いで和解となり、現金にて金20,000円を支払のうえ退店。この時点で入店時に身に着けていた「メガネ・腕時計(40万相当)・プラチナの指輪(20万相当)」が盗まれていることが発覚、同窃盗については管轄警察署である本所警察署にて後日「盗難」として正式に被害届が受理された。ところが、さらに後日になり当日のクレジットカード利用明細を確認したところ、なんとクライアントが意識を失っている間に上記飲食店にて2社のクレジットカードを利用し2回に亘ってカード決済がおこなわれており、その合計金が金443,000円にもなることが確認された。

対応  本件は典型的なパターン(酔状態の客を路上から店に引き込み、その後において無断で客の現金を奪う若しくはクレジットカードを抜き取り異なる名義のカードリーダーに通し決済する)であった為、即刻クレジットカード会社へ内容証明郵便にて不当決済取消並びに情報開示要求を通知、同時に管轄警察署である本所警察署へクレジットカード窃盗についての被害届受理を要求。尚、本件は事前に「メガネ・腕時計(40万相当)・プラチナの指輪(20万相当)」についての盗難被害届が受理されていた為、クレジットカードの高額利用が確認された後、クレジットカード窃盗での被害届受理も本所警察署にて追加受理頂けた。その為、同被害届受理の事実を各カード会社に連絡のうえ、不当決済取消対応を強く要求。

結果  不正利用されたクレジットカード会社2社(「①エム●●カード・使用額188,000円」「②エ●スカード・使用額255,000円」)のうち、エム●●カードは警察へ被害届受理を即時確認のうえ保険適用を決定し、結果188,000円についての決済は取消が確定。引き続きエ●スカードへの決済取消要求を現在継続中。

約2日後、エ●スカードからも保険適用のうえ請求取消の連絡があり、2件のクレジットカード決済が全て保険適用により取消完了。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

2月13日

梶山様

メールが届いておらず失礼致しました。
昨日、エ●スカード、エム●●カード共に必要書類に記入し返送しました。
これで全て終わったと思います。この度は誠にありがとうございました。
これからも同じような被害者の力になってあげてください。それではお世話になりました。

●●

2月7日

梶山様
お世話になってます。先ほどエ●スカードから連絡ありまして今回の件は保険で処理するので、私への請求はしないことになったそうです。非常に苦労しましたが、これでセブンスターからの不当な請求を支払うことはなくなりました。これも梶山さんのアドバイス、お力添えのお陰です。ありがとうございます。
この度は大変お世話になりました。

梶山様

おはようございます。土曜日にエム●●カードから連絡あり、クレジットカードの盗難で被害届が受理された旨確認出来ましたとのこと。それを踏まえて検討した結果、今回の件は保険を使用して補償するので、私に対しての請求はしないそうです。保険関係の書類を郵送するので、必要事項を記入して返送してくださいとのことでした。ということで、エム●●カードとの交渉は決着がつきました。ありがとうこざいました。エ●スカードからは連絡が来ないので、今日こちらからかけてみようと思います。 エム●●カードが保険で補償するという判断をしたことを伝えて、エ●スカードが万が一請求をするのであれば、同一案件にも関わらずなぜそのような判断になるのか?を追及しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。