車両売買契約の納車前キャンセル・キャンセル費用減額に成功

日時 平成30年3月

場所 愛知県

事案 近隣の中古車販売店に対して車両売買契約を申込、しかし申込の4日後にキャンセルの連絡をしたところ、「キャンセル不可」との回答で契約代金全額の支払いを請求された事案。

対応 契約書の記載を確認したところ、契約解除条項に記載のある内容からしてそもそも契約が有効に成立していない状況であり、内容証明郵便にて本件売買契約の解除をあらためて通知、契約書に記載の内容を理由に契約が完了しておらずキャンセル不可との主張は認められない旨、それと同時に現時点で関連書類の提出なども一切行っておらず、納車整備なども開始前であって、店舗側に実損害が発生していない点を主張し、違約金の支払いなども拒否する旨を通知。

結果 販売店より回答があり、実際に掛かった費用(交換フロアマット39800円、ローンキャンセル費用5000円、収入印紙代400円、合計金45200円)のみ負担で解約に応じるとのことであった為、クライアントにて承諾し、和解成立。支払う和解金は金45,200円となった。尚、そのうち金39,800円を占めるフロアマットについては、後日クライアントへ返却という条件。

クライアントからのメール(原文のまま)

キャンセル料金なし。僕にとって本当に1番いい形で終わらせることができました! ただ電話で最後に話すということは今更できないしフロアマットを引き取りにいくことはできないので最後にフロアマットを配達してもらえるようにお願いできませんでしょうか?振り込みはすぐにしたいと思っています。今、●●●ス●ードに電話しました。

フロアマットは郵送してくれるそうです。そして電話で少し和解した感じになりました。

色々とお世話になりましたが、これで丸く収まりました。僕の気持ちの中のモヤモヤも解消して感じがします。今後なにかありましたらまたご相談させていただきたいです。

色々とありがとうございました!

iPhoneから送信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。