時効援用・信用情報機関への登録情報削除(抹消・取消)に成功

日時 平成30年6月

場所 東京都

事案 かなり以前に借入れを行っていたクレジット会社より債権譲渡を受けた債権回収業者より突然「支払督促」が届き、それをきっかけに信用情報機関へ登録されたクライアント様自身の情報を確認したところ、支払督促を受けた件以外にも別に4社のクレジット会社より支払滞納情報が登録されており、所謂ブラックリストに載ってしまっている状況であることが発覚、新たなクレジットカードの申込や融資申入れが困難な状況の為に当事務所にご相談。

対応 まず、各社への借入れ状況及び返済状況を確認したところ、既に全てにおいて時効を迎えていることが確認された為、支払督促を行った債権回収業者に対しては時効援用の旨を連絡、また信用情報機関へ支払滞納情報を登録していたクレジット会社各社に対しては内容証明郵便にて時効援用を通知、同時に即時信用情報機関への登録を抹消するように強く要求。

結果 債権回収業者へ時効援用の連絡をクライアント様が行ったところ、支払督促取下げの書面が裁判所より郵送され解決。また、内容証明郵便にて時効援用及び信用情報機関への登録情報抹消を要求したクレジット会社4社については、その後に時効成立が認められ、信用情報機関への登録情報削除に承諾。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生
お世話になっております。●●です。ご相談しておりました借入の2点について進捗のご報告です。
①●●●●債権回収サービスからの支払督促状に対して梶山先生にご享受いただいて、
「時効を申し立てる」と返信したところ「取下書」という書面が簡易裁判所から届きました(添付の資料)。
②4社からの借入れ時効援用申し立てについて各社に電話で確認したところ、時効成立が認められ、同時にCICへの登録取り消し対応を行ったとの事でした。→現在CICの情報開示を改めて行い、取消されていることを最終確認するところです。

梶山先生からお力をお貸しいただきましたおかげで上記無事解決することが出来ました。
迅速でわかりやすいご指示などもとても心強かったです。本当に有難う御座いました。
また、脱毛●●●●●●●●●●の件は音沙汰無しですが先方から働き掛けがありましたらまたご相談させてください。
お手数お掛け致しますが今後ともどうぞよろしくお願い致します。

●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。