海外(上海)マッサージ(風俗)ぼったくり被害・約23万円の不当クレジット決済。クレジットカード会社との交渉により被害金の半額負担にて和解

日時 平成30年5月

場所 埼玉県

事案 上海でのボッタクリ事件としては典型的なパターン。経緯は省略。
クライアント様がご自身で帰国後すぐにカード会社へ連絡し、不当決済の取消を要求するも一切対応を拒否され、当事務所に依頼。

対応  当事務所へご相談頂いた時点で、内容証明郵便にてあらためてクレジットカード会社に対して、不当決済取消若しくは保険適用により被害金の保証を再度強く要求。同時にクライアント様居住地管轄の警察署に被害届提出をアドバイス。しかし、管轄警察署の担当刑事からは「草●警察としては、そのような海外のぼったくり事件の被害届けを受ける事は出来ない。海外での出来事なので捜査することが出来ない。そもそも、中国は日本の法治外なので被害届けを受けれる話ではない。」との説明。クライアント様は過去の同じような事例における被害届受理の事実を挙げたり、「本件で警察が被害届を拒否出来ないのでは無いか?と反論したところ、担当刑事の上司が登場し高圧的な態度で、担当刑事と全く同じく無責任な内容を一方的に言い放って、「草●警察としては、相談窓口で話を聞いて、記録を残すしか手立てがない」と一方的に相談を終了させられる。

即刻当事務所にて草●警察署長宛てに手紙を作成、担当刑事さんの説明が何ら法的根拠なきテキトウな説明であることを反論しつつ、即時被害届の受理を要求する内容で送付。警察署長宛てに手紙を送付した数日後、担当刑事よりクライアント様に連絡が入り、そこでやっと正式に被害届が受理される。被害届けの正式受理をもって、再度クレジットカード会社に対して不当決済の取消を要求。

結果 最初の内容証明郵便発送の約2ヵ月半後、カード会社会社担当者より連絡を受け「上司からやっと半額折半の合意を取り付けられた。和解ではなく欠損処理の為、●●カードとしては一切書面による回答は出来ない」との連絡を受け、クライアント様としては早期解決を希望する為に同和解条件を受け入れる形で和解。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生、 早速のご連絡を頂き、有難うございました。これ以上、手間と時間とお金を掛けるよりも、半額折半にて合意しようかと思います。●●カードも一応、誠意?を見せてくれたわけですし、自分の落度も有りますし、何よりもあのような状況に於いて、命有って帰れた事を考えれば、ちょっと高いお勉強料ですが、働いていれば何とかなりますので! 今まで、いろいろとお世話になりまして本当にありがとうございました。梶山先生のように、本当に頼りになる素晴らしい先生にご相談できて幸せです。本来であれば、もっと、コンサルタント料をお支払いするべきだと思いますが、申し訳無くも、当方火の車なので、ご容赦下さいますようお願い致します。●●●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。