上野・ぼったくり被害(2店舗での不正カード決済)ぼったくり店舗から直接銀行振込にて返金を受ける・警察被害届受理なし

場所 上野

日時 平成30年12月31日の未明

事案 平成30年12月31日の午前3時33分、上野の飲食店にて意識を失っている間に金3万5千円のクレジットカード決済を無断でされ、さらに約1時間後に近隣の別店舗においても無断で金3万6千円のクレジットカード決済をされた被害。クレジットカード会社へ被害を申し出るも対応してもらえず、同様被害に経験豊富な当事務所に相談。

対応  本件は被害発生から半年以上経過した段階でのご相談であり、当事務所にご依頼頂いた時点でクレジットカード会社から各ボッタクリ店舗の店舗名や住所などが開示されていた。その為、当事務所より各ボッタクリ店舗に対して内容証明郵便を送付し、不当決済の取消を要求しつつ、「正当な飲食代金請求と主張するのであれば、店の経営者情報(法人名・本店登記住所・代表者名・その他)を開示せよ。もしもそれらの情報開示も行わず、ボッタクリ金の返還(不当クレジットカード決済の取消)もしない場合、再度クレジットカード会社にその旨を報告のうえ対応を進める。」と通知。※管轄警察署に対しての被害相談は行なわず

結果  本件は非常に稀な解決事例であるが、内容証明郵便が各ボッタクリ店舗に送達し、その後は各店舗からクライアント様ご本人に返金を約束する連絡が入ったうえ、数日後に不当決済金全額がクライアント様指定の銀行口座へ振込返金され解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様
お世話になります。
本日2件目のフォ●トゥーナ ¥35,000、及び3件目のレオ●ード ¥36,000の振込みを確認致しました。カード会社への送金も本日完了しました。ご報告致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。