成功事例・クレジットカード(Paypal)の第三者による不正利用・被害金全額の不当クレジット決済の取り消し完了

場所 未開示

事案    Paypal不正利用被害のご相談。クレジットカード明細を確認したところ、全く利用の事実の無いPaypal利用が数日に亘って行われている事実が発覚。即刻クレジットカード会社に被害報告するも、「弊社では関与しないのでPaypalに直接対応要求せよ」とのことで一切の対応を拒否される。しかし自身のPaypalアカウントでの利用ではなく、全く身に覚えの無いアカウントの利用において請求が自身のカードへ行われており、被害者自身がPaypalへの不正利用被害報告どころか、問い合わせすら出来ない状況であった。そこで、クレジットカード不正利用被害に対する経験豊富な当事務所へ相談。

対応    即刻クレジットカード会社に対して内容証明郵便を送付。その中で被害状況を通知するとともに「Paypalへの事実確認及び不正利用分の決済取消対応はクレジットカード会社の義務であり、即刻クレジットカード会社にてPaypalに事実確認を行ったうえ不正利用分の取消対応を決定するように」と通告。

結果   内容証明郵便発送の約1カ月後、●●カード会社担当者より電話が入り、本件を第三者による不正カード利用と認め、決済取消(全額保証)の対応が決定。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様 お世話になります。●●です。本日●●カードより連絡参りまして、不正利用連絡しました全件不正が承認されました。早い解決が出来、助かりました。ありがとうございました。また何かありましたときには宜しくお願い致します。この度は無事解決しましたこと感謝いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。