港区内・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・被害が多発している複数の店舗での不当クレジット決済(被害総額約130万円)について、ほぼ全額となる約125万円の不当決済取消(補償適用)に成功・警察被害届正式受理なし(被害相談受付)・クレジットカード紛失なし・暗証番号決済

場所  港区内

日時  2022年5月2●日未明

事案   同様の被害としては典型的なケース。経緯としては以下。

1、2022年5月2●日未明、東京都港区●●の飲食店(本件とは無関係の店舗)にて被害者は知人と会食。午前5時ごろに退店。解散。

2、その後、被害者は近隣の別店舗(本件とは無関係の店舗)へ知人と入店。尚、一緒に入店した知人は10分程で1人で退店。その後に被害者も会計をして退店。

3、被害者が帰宅しようと路上にいたところ、アジア系外国人女性キャッチより声をかけられたが、被害者は無視してそのまま付近のアジア料理店に入店。その際、声を掛けてきたアジア系外国人女性キャッチも一緒にアジア料理店に入店してきたので、被害者はアジア系外国人女性キャッチ等と一緒に食事をとりつつ、その際に「食事を終えたら帰ってくれ」と告げる。その後、アジア料理店で会計をして退店したところまでは被害者においても意識があったが、その直後から意識を失う。

4、次に被害者が意識を取り戻したのは、2022年5月2●日の午後19時ごろ●●の雑居ビルに入居するマッサージ店であった。会計の為に付近のコンビニATMにて現金を下ろそうとした際、自身の口座より既に現金約50万円ほどが引き出されていることが発覚(後日、「②デビットカード決済」であることが発覚)。

5、マッサージ店へ戻り精算後、タクシーに乗り帰宅。午後20時頃に自宅到着。自宅に到着しタクシー代を支払う際に「③●●●カード」が使用出来なかったため、「①●カード」にて精算。


6、2022年5月2●日(●)15時頃に「③●●●カード」より「セキュリティロック」がかかっている旨の連絡が入る。「5月2●日に約12万円、約9万円と立て続けに高額の決済があったため、コンピューターにより自動的にセキュリティロックがかかった。ただし別途約6万円ほど(店名不明)と「アジア料理店※この決済は承諾」の請求は取引されている。」との連絡を受ける。その為、被害者にて不安に感じ所持するクレジットカードの利用履歴を確認したところ、5月2●日に被害者が意識を失っている間(アジア料理店を退店直後からマッサージ店で意識を取り戻すまで)に「クラブ●●●●●●●●」「BAR●●」「BAR●●●●●●●●●●●●」「●●」なる複数店舗で合計金約80万円ほど(セキュリティ発動により決済不可となった金額が別途で金21万円あり)もの高額決済が確認され本件不当決済被害が発覚。

上記の経緯で被害発覚後、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応   本件は典型的な被害のパターンであり、「クレジットカードの紛失なし」「複数店舗への入店も飲食も記憶なし」という事案であった。尚、クレジットカード並びにデビットカードが不正に利用された店舗は当事務所でも多数の相談を受けている中で頻繁に報告を受ける悪質店舗であった。そこで、通常どおり即時内容証明郵便によるクレジットカード会社各社への調査要求(注文伝票・サイン伝票、その他資料の開示要求)及び補償適用要求、同時に管轄警察署への被害届け(被害発生日の防犯カメラ映像確認についての要求含め)をアドバイス。管轄警察署にて被害届けは受理とはならず相談受付番号の発行、それと同時に警察担当者より「同じ店での同様被害が多数発生している」という情報を得た為、内容証明郵便発送後に追加でクレジットカード会社へ管轄警察署での相談受付番号並びに同事実を報告。本件不当決済の即時補償を要求。

結果   クレジットカード会社への補償要求内容証明郵便を発送した約2週間後、クレジットカード会社①②よりクライアントへ電話連絡が入り、本件被害の全額補償適用が決定、ただしクレジットカード会社③には調査の継続および補償適用を依頼。①●カード分の取消が確認後、補償交渉中であった③●●●カード決済分の約6万円についてクライアントより承諾の旨の連絡を③●●●カードへ連絡。本件は被害総額約130万円について、ほぼ全額となる約125万円の不当決済取消(補償適用)に成功。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生     ●●でございます。ご連絡遅くなり失礼致します。■デビットカード【●●●●●円】について、昨日入金を確認致しました。■●カード【●●●●●●円】につきましても、先日カード管理会社ご担当よりデビットカード処理と合わせて、全額補償処理を実施するとの事でしたので、これで補償処理が完了しております。■●●●カード【●万円】については、先日カード管理会社に連絡をし、不本意ではございますが7月に此方より●●●側へ支払う旨をお伝え致しました。以上を持って、本件は完了した認識でおります。この度は梶山先生にご相談をさせて頂き、約1か月でのスピード解決に至った事について深く感謝申し上げます。早急な内容証明書の作成や郵送手配および警察やカード会社への対応等について、的確なアドバイスをご教示頂きまして、大変ありがたく感じております。以上、宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。