成功事例・新橋駅周辺でのアジア系女性に声をかけれる昏睡強盗被害のケース・不当クレジット決済総額全額の取り消し完了

場所 東京都
事案 東京新橋駅周辺にて外国人(アジア系)女性2名に路上で声を掛けられ、そのまま飲食店(寿司屋)に行ったところまでは記憶があるが、その後は意識が朦朧としはじめ最終的に記憶が無くなり、次に気がついたのは翌日朝5時であり、どこか全く身に覚えの無い部屋にいた為に恐怖を感じ、即時部屋を出てタクシーにて帰宅。
その後、数週間が経過した時点で3社のクレジットカード会社からの請求を受け、自身の口座から決済代金が引き落とされて初めて「平成27年※月※日の深夜から翌日※日未明にかけて」著しく高額なクレジットカード決済がほぼ同時刻に合計5件行われていることが発覚。

対応  当然、被害者には一切の記憶がなく、また、金額的にも非常識に高額である為、本件が外国人(アジア系)女性等を利用し客を店舗に呼び込み、そこで薬物を含めたアルコールを飲食させることで意識を奪い、そして昏睡状態の客からクレジットカードを奪い(場合によっては暗証番号を聞き出したうえ)高額な費用を不当決済するという『昏睡強盗』事件であることは明らかである為、各カード会社にクレジット決済の取消を強く要求。

結果 クレジットカード会社3社のうち、1社については全額32万7200円の決済取消に応じ、残り2社が現在でも協議継続中

クライアントからのメール(原文のまま)
追記
昨日D●カードから電話がありました。
①3件のカード決済について、第三者による不正利用として保険を用いる。よって、支払い済み2件は返金、未払い1件は請求なしとする。
②警察への届け出について、警察署と担当者を聞かれた。愛宕警察 刑事課 ●●さんと返答しました。
③現在のカードを一旦取り消しとし、カードを再発行する。
返金されるとのことで喜んでおります。梶谷様に相談してよかったです。
上記に対し、問題あればアドバイスをお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。