赤坂・ボッタクリ被害・保険適用により不当クレジット決済全額の返金

場所 東京都 港区赤坂

事案 1件目の飲食店を出て知人と2名で深夜に赤坂の路上を歩いていたところキャッチに声をかけられ、「1時間で1人4000円」とのことでそのまま飲食店へ連れて行かれる。入店直後に酩酊状態となり意識を失い、入店から約1時間半後に意識を取り戻して退店。当然にクレジット決済の記憶なし。
後日、当日のクレジットカード利用履歴をカード会社のウェブ上にて確認したところ、なんとクレジットカードにて合計金468,300円もの決済が行われていることが確認される。当然、複数のクレジットカード明細なども渡されていない。

対応  本件は完全な不当決済である為、まずクレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、不当決済した店舗情報開示及びアクワイヤーへ決済取消を要求するように指示。同時にクレジットカード会社へ不当決済取消を要求。その後、問題の加盟店へも不当決済取消の内容証明を送付。同時に赤坂警察署にも被害相談を行い、数回の面談の末に「カード窃盗事件」として被害届が受理される。

結果 不当決済から約1カ月後、クレジットカード会社より保険適用の連絡が入り、本件不当決済金468,300円がカード会社より振込にて返金され解決。

クライアントからのメール(原文のまま)
梶山様
お世話になっております。 審査担当者に状況を確認したところ、保険対象の手続きとなり、本日、カード会社から、銀行口座に全額振り込まれました。
ぼったくり店から取り戻せないのは残念ではありますが、私としての被害はなくなり、本件、過大請求に関しては、解決したようです。
梶山様にはこまめにアドバイスを頂き、本当に感謝しております。特に、被害届を受理してもらうことがポイントだと思いますし、私一人でしたら、泣き寝入りした可能性が高かったです。 また、本件で何かありましたら、ご相談させて頂きたいと思いますが、本当に、ありがとございました。重ね重ね御礼申し上げます。
●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。