成功事例・敷金を超える修繕費用請求の免除及び敷金一部返金

日時 平成28年2月
場所 東京都
事案 約8年間入居した物件を退去の際、敷金及び日割り家賃の合計を大幅に超える修復費用請求を受けた事案
対応 通常損耗以上の汚損破損を発生させていない箇所、過失による汚損箇所、そして原価償却などを考慮した金額を算出、そのうえで追加請求金の支払拒否及び敷金のうち約56,000円の返金を要求。貸主及び管理会社が弁護士に依頼のうえ不足金の請求を行ってきた為、訴訟手続きにて内容証明郵便にて請求した内容と同様の請求を行う(本人訴訟)

結果 裁判に相手代理人弁護士は出廷せず、高齢の貸主と不動産管理会社の社長のみ出廷、感情的な反論を繰り返すばかりで何ら具体的な修繕費用請求の根拠をしめさず、裁判官の提案により、敷金を超える部分の修繕費用請求は認められず、さらには当初からクライアントが返還請求していた返金額の半額を即時返金することで和解することとなった。
クライアントからのメール(原文のまま)
行政書士 梶山祥様
電話でお話ししたように
2/10に被告(大家)が28000円を支払う事で和解しました。
有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。