成功事例・銀座ボッタクリ被害・不当クレジット決済・カード会社の保険適用により和解

場所 東京都

日時 平成28年4月

事案 中央区銀座のキャバクラに1名で入店、会計時に店舗スタッフ(副支配人)に料金を確認したところ「15万円」との回答。そのままクレジットカードを渡し、その後は求められた明細にサインを行い、そして明細控えは封筒に入れられ手渡される。帰宅後にクレジットカード明細を確認したところ、15万円と説明を受けていたにも関わらず、約30万円の決済となっていることが発覚。クレジットカード会社に苦情を申し立てるも取り合ってもらえず、「決済代行業者若しくは店舗と協議してくれ」との回答のみ。

対応  クレジットカード会社、決済代行業者、ボッタクリ店舗、それぞれに内容証明郵便を送付し、各社の責任を追及のうえ決済金のうち15万円以上の部分をカットするように要求。その後はクレジットカード会社が調査を継続する。

結果 約4か月の後カード会社より連絡があり、カード会社の保険適用により不当決済部分が免除となり和解成立。

クライアントからのメール(原文のまま)
梶山先生、お世話になります。
●●●●の件、ようやく決着がつきました。
結果として、クレジット会社の保険で大半を賄う形となりました。
サポートいただき、本当にありがとうございました。
●● ●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。