成功事例・高額(売買総額の2割相当)なキャンセル費用の減額(頭金10万円のみ)に成功

日時 平成28年12月

場所 千葉県

事案 中古車の売買契約を正式に申込、申込金10万円を支払う。しかし申込の翌日にキャンセルを決定し、電話にてキャンセルを伝えると販売業者より解約違約金として「車両代金の2割相当」として金561,000円の支払を請求された事案。

対応 即時内容証明郵便にて本件売買契約の解除を再度通知、それと同時に販売業者が違約金の請求根拠とする項目について契約時に明確な説明を一切受けていない事実、そして申込の翌日の時点で販売業者側に実損害は発生していない点などを主張、違約金の支払い拒否とともに申込金10万円の全額返還を要求する。

結果 内容証明が送達後、即日販売業者よりクライアント様へ電話連絡。その結果、申込金10万円のみでその他の追加請求は行なわないことで和解成立。

クライアントからのメール(原文のまま)
通知書が届きましたの連絡がありました。通知書のとうり今回はキャンセル料は、いただきませんとのことでした。頭金の10万円はこちらの都合でキャンセルさせていただいたのもありましたので、10万円は返金しない方で話しがつきました。今回通知書を出す前と後ではお店の態度があからさまに違ったので驚きました。出す前は解約は認めらませんの一点張りだったので今回は本当に助かりました。又なにかありましたら力を貸していただきたいと思っています。ありがとうございました

●● ●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。