海外(上海)ぼったくり被害・日本国籍で海外在住の方の被害・約60万円の不当クレジット決済(カード会社2社)のうち1社(約30万)の決済取り消しに成功

場所 上海

事案 昨今頻発する被害のパターン。
概略として以下
(1)平成28年11月11日の午後7時頃、中国上海の滞在先ホテル前で中国人女性1人が近寄ってきて、内容は不明であったが何等か店舗へ来るよう勧誘を受け「料金は400元のみ」との説明であった。当方が断るも執拗にタクシーに乗るように促され、そのままタクシー乗車のうえ店へ連れていかれた。
(2)タクシーにて15分ほど移動、午後7時半ごろ店の近くでタクシーを降り店内に入る。
(3)個室に通され、そこで女性従業員と20分~30分ほど飲食した後、当方が退店を伝えると突如としてマフィア風の屈強な男性店員3名に取り囲まれたうえ「この店は売春が出来る店で、お前は女の子をつけて個室に入った。売春は中国では違法で、通常は警察へ通報するがお金を払えば見逃してやる。」とのことで45000元を要求されたが最終的に36000元に減額。所持していたクレジットカード2枚で、各2回ずつその場で決済させられる。カード暗証番号入力強要、レシートへサイン強要、白紙の注文明細へサイン強要
※複数のポータブルカードリーダーを使用するパターンあり
※高額な飲食を行ったことを記載した書面に署名を求められるパターンあり
※その場で衣類を脱がされ、性的なサービスを受けていると認識出来る写真を無理矢理撮られるパターンあり
(4)その後、退店
(5)退店後、外に待機していた共謀者のタクシーに乗せられ即発車。場所の特定をさせぬようにされタクシーが現場を離れるまで見張りが立って写真撮影などしないように監視される。その後10分以上走行のうえ宿泊ホテル前で下される。
(6)即時カード会社に連絡するも「弊社では何も出来ないので領事館か地元警察に相談してください。」との回答のみ。そしてカード会社の指示どおり日本領事館に連絡をとるも時間外で電話対応はなく、その他現地警察への相談についても「通訳の同伴」「被害店舗場所の特定」が被害相談の必須条件であった為に断念。フライト時間が迫っており、現地領事館及び現地警察へは相談が行えないまま出国。

対応  本件は明らかな違法行為であるが、通常の対応だとまずは帰国後に日本のクライアント住所地を管轄する警察署へ被害届を正式受理してもらい(※これがかなり大変)、その事実をもってクレジットカード会社に不当決済取消対応を要求する流れであるが、クライアント様が海外在住であり被害場所の上海より自宅のある海外に直接渡った為、日本における被害届が不可能。その為にまずカード会社2社に対して内容証明郵便にて事件詳細を伝えたうえ、本件の徹底調査及び報告、そして本件不当決済の取消対応を強く要求。

結果 約2カ月後、カード会社2社のうち1社が本件不当決済の取消及び引落済み代金の返金を決定、約30万円のカード決済金が全額返金となった。残るもう1社のクレジットカード会社は現在調査中とのこと。

クライアントからのメール(原文のまま)
梶山先生
お世話になっております。11月の上海でのぼったくりの件でお世話になっております●●です。U●●ニ●●のカード決済分、32万円につきまして
先生のご協力によりまして、2/22に払い戻しが完了しました。
残り1社分の払い戻しに向け、日本帰国後警察への被害届提出に向け
準備を継続しております。
まずは、半分の払い戻しができましたので、お礼として連絡させていただきました。ありがとうございました。
●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。