成功事例・ボッタクリバー・325,000円の不当クレジット決済の取り消し完了

場所 東京都

事案 出張で訪れた東京新宿歌舞伎町の路上で「一人一時間三千円」などと声を掛けられ、近くの雑居ビルにある店舗に入り、約1時間後に会計となったところ合計金325,000円の請求を受け、強く支払を拒否したがスタッフ数名に取り囲まれ「財布をみせろ。現金がなくてもカードで支払え」などと恫喝を含めた請求を長時間に亘って受け、恐怖を感じ店を出たい一心でクレジットカード決済を行う。クレジットカード会社に連絡を入れ、被害報告及びクレジットカード決済の取り消しを要求するも、クレジットカード会社は「サインがあるので弊社では何もできない」「店舗に確認の連絡を入れるが、それ以上はできない」「店舗が決済取り消しをしない場合は請求することとなる」との対応。

対応  まずクレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、不当決済の取消を要求、それと同時に決済代行業者の情報開示を要求、さらには同店被害者が多数存在し継続的に不法行為を繰り返していることを主張。

結果 約3日月の協議の結果、カード会社より不当決済全額取消の連絡を受け解決。

クライアントからのメール(原文のまま)
梶山先生
下記のメールをいただいた直後に、ポ●ットカードに連絡しました。再度J●Bに取消を伝えることの要求と、それでも進展しない場合は、直接交渉するのでJ●B問合窓口の開示を要求しました。本日、ポ●ットカードから回答ありました。JCBが全額取消処理をするとのことです。先生には、大変お世話になりありがとうございました!諦めずに、立ち向かった甲斐がありました!それと、今後は気をつけます。本当に、ありがとうございました!
●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。