成功事例・歌舞伎町ボッタクリ被害・約50万円の不当クレジット決済・カード会社が決済金の9割負担で和解

場所 東京都
事案 新宿歌舞伎町の路上にてキャッチを受けそのまま店に入店、その後は少量の飲酒にて意識を失い、翌日に自宅で意識を取り戻し意識が朦朧とする中で前日のクレジットカード決済を確認したところ、4枚のクレジット明細書が確認され合計金48万3000円ものカード決済が行われていることが発覚。全く記憶が無い中で3店舗を移動し各店でカード決済が行われていることが確認された。

対応  まずクレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、不当決済の取消を要求、それと同時にボッタクリ店の情報開示を要求。クレジットカード会社よりアクワイヤーへ決済取消を要求するように指示。その後にカード会社より各店舗の情報開示を受け、各店舗へ内容証明郵便を送付し決済取消を要求。各店舗とも決済取消対応に応じず、また、最寄り警察署に被害を届け出るも、被害届受理が受理されず。

結果 約3か月後カード会社より連絡があり、カード会社が9割、本人1割負担にて和解成立。

クライアントからのメール(原文のまま)
梶山先生
お世話になります。
2月21日に指定書式の喪失盗難届をカード会社宛に発送し、本日連絡がありました。私の1割負担(カード会社9割負担)で社内決裁が承認されたそうです。悪質店舗とカード決済代行会社に金が落ちる事、警察の適当な対応はとても腹立たしく、今だに許し難いものはありますが、現状ではベストの結果だと思います。それもこれも先生のアドバイスと、心強い後押しがあってこそだと思います。3ヶ月もの間、尽力いただきありがとうございました。直接お会いしてお礼をしたいところですが、空気を読んでメールとさせていただきます。このような事例ではお世話になりたくありませんが、何かありましたらまた相談させてください。本当にありがとうございました。

●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。