出張先ボッタクリ被害・大阪北新地・クレジット決済金31万9000円全額の取り消し完了

場所 大阪・北新地

事案 出張先の大阪北新地での被害。酩酊状態で入店の記憶すらなく、翌日タクシー内にて意識を取り戻したところ所持していた現金が紛失していることに気がつき、クレジットカードの利用履歴を確認したが、同日深夜に3店舗にて合計金319,000円もの決済が行われていることが発覚した事案。

対応 翌日の時点で即時クレジットカード会社に対して内容証明郵便にて、本件3度決済が不当なものであることを通知、決済取消要求は当然のごとく、その他サイン伝票含めた情報開示を要求。同時進行で自宅住所を管轄する警察署への被害相談するも、警察は「明確な証拠が無い」とのことで被害届を受理してくれず。その後、カード会社から開示となった資料にて、サインが本人のものと特定不能な伝票やサインなしの伝票があり、また飲食明細の提出拒否などの対応があった為、再度地元警察に相談し、そのまま問題のボッタクリ店舗がある大阪天満警察署に引継ぎの連絡を入れてもらい、被害届受理。

結果 警察にて被害届受理の事実をクレジットカード会社に連絡したところ、数日後に同クレジットカード会社より連絡があり、本件における金319,000円の決済を全額取消することを伝えられ解決。

クライアントからのメール(原文のまま)
お世話になっております。
20日(木)にカード会社の担当者の方へ、今回の被害届番号と所轄警察署の担当刑事さんのお名前を連絡し、決済の取り消しを再度要求いたしました。しばらくしてカード会社から折り返しの連絡をいただき、警察署にも確認が取れたので3週間以内に3件全ての金額を返還するとの結論をいただきました。被害に遭ってから丁度3ヶ月かかったことになりますが、おかげさまで無事に決済無効の結果を得られました。大変ありがとうございました。もちろん、自分の反省する点も多いにあり、家族にも迷惑をかけましたので今後このようなことにならないよう、注意していきたいと思います。
今回は本当にありがとうございました。
●● ●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。