納車直後の不具合(ブレーキ不具合・車体雨漏り・その他)・正規ディーラーによる修理対応(修理費用は全額販売店負担)にて解決

日時   2021年4月

場所   神奈川県

事案   中古販売店との間で売買契約(保証あり)。代金は約130万円。しかし納車の時点でブレーキ故障や雨漏りが発覚した為、即時販売店に連絡のうえ修理対応を要求。しかし、販売店からは「エンジンの不具合以外は保証範囲外の為に対応出しない。」との回答で、修理対応並びに契約解除対応など一切を拒否される。その後、クライアントにて当該車両を正規ディーラーに持ち込みのうえ点検及び修理見積もりを実施。そうしたところ既に確認されている不具合以外にも多数の不具合が存在することが発覚、最終的に修理費用は約50万円ほどであった。クライアントは販売店へのディーラー修理費用の全額負担を希望し、同様事案に経験豊富な当事務所へご相談。

対応   本件は「保証」において対応可能となる具体的な内容以前に、そもそも納車時点で「ブレーキ故障」及び「雨漏り」、さらにその他多数の重大な不具合が存在したことにより、民法上の契約不適合責任を理由にクライアントは販売店に対して「修理などの追完請求」「代金減額請求」「契約解除請求」「損害賠償請求」が可能となる。その為、内容証明郵便にて同法的根拠を主張しつつ、第一に「修理などの追完請求」即ち正規ディーラーでの修理実施及び修理費用の全額販売店負担の対応を要求、万が一にも販売店が同対応を拒否する場合には「契約解除請求」に切り替える旨を通知し対応を要求した。

結果    内容証明郵便が販売店に送達されてから数日後、販売店担当者よりディーラー修理費用全額を支払う旨の連絡が入り、その後にディーラー修理見積もり及び関連資料を販売店に提出。後日クライアントの指定口座まで同修理金員全額の振込が行われ本件は無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

本日●●●●から47●,●●●円支払われました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。