情報商材トラブル・成功事例・クレジット決済全額の取消に成功

日時 平成26年7月
場所 東京都
事案 情報商材の売買・コンサルタント契約・その他講習などの様々な名目で約50万円ほどの代金をクレジットカード決済にて支払った事案
相手業者へ決済取消の通知を送付するも、公表住所に相手業者がおらず所在が不明の為、クレジットカード会社並びに決済代行業者に対してクレジットカード決済の取消を要求、同時に相手業者へもメールなどで決済取消要求を通知しプレッシャーをかけ、クレジット決済金全額の取消に成功
クライアントからのメール(原文のまま)
梶山先生
お世話になります。ついに、取消をさせました。決済代行業者にも確認済みです!
先生、本当にありがとうございました。これで、一先ず私の目的は達成したのですが、最後に一つ教えて下さい。相手から送られてきた書類はやはり約束ですし、返した方が良いのでしょうか?それとも意味を成さないのなら返す必要はないのかな?とも思うのですが、一般的にはどうでしょうか?ご存じでしたら、教えて下さい。
それと、今朝、先生からメールを頂いた内容で口座への振込ではなく、取消をお願いしたはずなのに、もうこの三連休の間に決済代行業者にはその連絡が成されていて処理されていたようです。相手の動きがイマイチ読めないです。先生からいただいたメールを送ってから直ぐにもう取消処理をしてあると連絡が来ました。まあ、結局のところ取消になったので良かったです。本当に本当にありがとうございました。もしかしたら、同じ被害者もお願いするかも?しれません。私からの紹介ということで、是非宜しくお願いいたします。
●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。