カテゴリー別アーカイブ: 成功事例

成果が出た一部の依頼について、クライアント様の承諾を得て掲載しています。

大阪北新地・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・不当クレジット決済全額(タクシー代金以外・約44万円)の決済取消に成功・(警察の被害届正式受理あり・現金10万の窃盗・カード窃盗)

場所 大阪北新地

日時 2019年7月

事案 同様の被害(キャッチより声をかけられ入店、意識を失う、翌朝に意識を取り戻した後に複数店舗にて高額なクレジットカード利用被害が確認される)において典型的にパターン。経緯としては以下。

1、2019年7月13日の午前1時28分、大阪北新地付近のカラオケパブを退店、永楽町通りをタクシーを拾うため御堂筋まで歩いている途中にキャッチより声をかけられ、そのまま近隣の飲食店に入店。(店舗名は不明であるが、カード利用時間から「ア●ル」と推測できる)

2、入店後、最初の1杯に口を付けた直後に突如意識を失う。

3、次に意識を取り戻したのは、午前7時3分ごろに長堀橋駅付近の路上であった。

意識を取り戻した時点で目の前に、入店した店舗の女性従業員がおり「貴方は1円もお金を持っていない」などと言われるも、特に飲食代金の請求をすることもなく同女性従業員はその場を去る。

4、その場で財布の中を確認したところ、所持していた現金10万円が無くなっており、またクレジットカードの並びが通常と異なっていることが確認された為、即日各クレジットカード会社に昨晩の利用履歴を確認したところ、被害者(クライアント)が意識を失っている間の時間帯に4店舗(1ア●ル・2ひ●こ・3ダ●リン・4ミョン●●カルビ)及びタクシーにて3枚のクレジットカード利用合計金439,900円もの決済が行われていることが発覚。

5、即時クレジットカードに問い合わせを行うも、各カード会社からは「取引は問題なく決済されていて、先方への内容照会のみ行う」という回答のみ。

6、その後にクレジットカード会社よりサイン伝票が開示される。全く別人のサイン、しかも2枚のサイン伝票のサインがそれぞれ全く違うことが確認出来る。しかしクレジットカード会社は一切決済取消に応じずに高圧的な請求を続ける。

その為、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応  その他の件と同様に即刻各クレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、「サイン相違・各店舗での金額が暴利的・意識が無い状態で短時間に複数店舗(4店舗)を移動している」などを指摘、本件不当決済の取消を要求。同時進行で管轄警察署への被害を届け出るようアドバイス。尚、本件においては管轄警察署において最初の相談にてカード会社から開示された資料を提出したところ、即時「現金10万の窃盗・カード窃盗」にて正式に被害届けが受理となった。その為、警察の被害届け正式受理番号を各クレジットカード会社へ報告のうえ、再度本件不当決済の取消を強く要求。

結果、各クレジットカード会社へ内容証明郵便を送付した約1カ月後、各クレジットカード会社が全額決済取消を決定。既に引落済みの口座に当該クレジットカード会社より返金があり解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生、お世話になります●●です。本日16時3分●●●●カードから電話があり、先週金曜日の電話終了後、内部的に調整をした結果、以下に記載する今回対象店舗

1. ア●ル  2 ひ●こ   3. ダ●リン

については、保険対象とする事が決定した、との連絡が入りました。要因としては、●●●マスターはセブイレ、スタバ、ANA、高島屋、で使用するメリットと上記店舗以外での使用実績確認依頼を担当に話ををしており、飲食店での使った実績がないのに、2回も切っている、という事を言いました。●●●●マスターは、ダ●リン➡︎北区でタクシーに乗り下車が長堀橋にいたルートがおかしかった事が要因だと思います払い戻しは、10日から2週間かかるようです。タクシーについては、PINコードを入れたため、自費となります。

regards.

梶山先生

 お世話になります●●です。

 今週月曜日に、カード会社から保険適用の連絡を受け、10日から2週間かかるとの事でしたが、本日朝 払い戻しのメールが銀行からあり、確認したところ、40万2000円 入金されていることが確認でき、リードタイム僅か4日で、カード会社から返金して頂くことができました。これも、ひとえに梶山先生に相談してみてはと助言をしてくださった方と経験豊富な梶山先生が、カード会社に対し、攻めと今回の事案に対して、知識が無い小職へのアドバイスがあったからこそ勝ち取った、結果かと思っております。この度は大変お世話になり、ありがとうございました。 

regards.

銀座・ぼったくり被害(昏睡カード窃盗・不正カード決済)・不当クレジット決済2件(カード会社1社で合計金1,665,400円)全額の決済取消に成功・警察被害届受理なし(被害相談受付のみ)

場所 銀座

日時 2019年5月

事案 先日、全く同様の店舗で同様の高額被害についてサポートした事例あり。本件も被害総額が166万円以上と非常に高額。経緯としては以下。

1、2019年5月●●日の午後23時ごろの深夜、被害者が中央区銀座の路上を歩いていたところキャッチに声を掛けられ、そのまま近隣の飲食店「A●D」に入店。

2、入店直後より被害者は酩酊状態となり、そのまま意識を失う。

3、次に意識を取り戻したのは翌日であった。

4、意識を取り戻した際、財布の中にはカード利用明細などもなく、また現金の紛失も確認出来なかった為、とくに不安に感じることはなし。

5、翌週、クレジットカード利用のウェブ明細を確認したところ、2019年5月●●日の未明に被害者が飲食店「A●D」にて意識を失っている間に2回に亘って合計金1,665,400円もの超高額決済が行われている事実が発覚、本件不当決済被害が確認される。

6、即時クレジットカードに問い合わせを行うも、「取引は問題なく決済されていて、先方への内容照会のみ行う」という回答しか頂けず。

7、その後にクレジットカード会社よりサイン伝票が開示される。全く別人のサイン、しかも2枚のサイン伝票のサインがそれぞれ全く違うことが確認出来るも、クレジットカード会社は一切決済取消に応じずに高圧的な対応を続ける。

その為、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応  その他の件と同様に即刻各クレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、サイン相違や金額が暴利的であること、そして同店による被害者が他にも確認済みである点を指摘、本件不当決済の取消を要求。同時進行で管轄警察署への被害を届け出るようアドバイス。しかし管轄警察署においては被害届としては正式受理に至らず、被害相談受付の対応であった。その為、警察の被害相談受付の番号をクレジットカード会社へ報告のうえ、再度本件不当決済の取消を強く要求。クレジットカード会社へ内容証明郵便を送付後も、クレジットカード会社は決済取消対応を断固拒否。しかし、その後に全く同店で同様被害のご相談を当事務所にて受け、その事実を再度管轄警察署及び各カード会社へ報告し決済取消対応を要求。それと同時に各カード会社と悪質ボッタクリ店舗との間に介在する決済代行事業者に対しても連絡を入れ、本件と同店舗による被害報告が多数寄せられている事実を確認、不当決済の取消対応を要求し続けた。

その後、管轄警察署の対応により、「A●D」が摘発。その事実及び決済代行業者が不当決済の取消対応を各クレジットカード会社と協力して行っている事実を当該クレジットカード会社へ追加報告のうえ、強く決済取消を要求。

結果、当該クレジットカード会社へ幾度となく不当決済取消対応を要求し続け、被害発生から約3カ月ほど経過した段階で当該クレジットカード会社が全額決済取消を決定。既に引落済みの口座に当該クレジットカード会社より返金があり解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様

お世話になります。●●です。

先程、●●●●●より全額返済され、入金を確認しました。長い間の手厚いサポート感謝致します。また、築地警察の●●●警部にも完全解決のお礼をしておきました。

取り急ぎ、お礼まで

SEO対策(サービス一式)の売買契約取消(クレジットカード決済全額の取消)、無条件解約成功

日時 2019年9月

場所 未公開

事案 個人事業主の方からの相談。「集客効果」を謳ったHP対策、所謂「SEO対策」を謳ったケース。尚、本件で勧誘を行った業者は以前より同様の勧誘行為を行う業者であるが、会社名を変更(会社住所はそのまま)している。訪問時の業者営業マンの勧誘文句としては「弊社はインターネット検索の際に御社が希望するキーワードで上位検索されるようなサービスを提供している」「毎月1万円で3つの希望検索ワードを設定出来、そのキーワードを検索結果の上位に表示出来る」「それにより集客があがり、売上が上がる、絶対に稼げる」「他の導入店舗では大きな効果を出している」「カード決済して頂き、分割支払の手続きなどは全てこちらで行う」「今、契約を決定頂かないとこの料金では出来ない」といった典型的なもの。しかし、申込後(クレジットカード決済完了後)になって突如販売会社より「費用は一括請求となるので、月額10800円の分割払いにしたいのであれば、ご自身でクレジットカード会社に手続きしてください」といった連絡を受けた為、販売業者の説明内容に疑問を持ち調査すると、全く同様の勧誘にて契約するも全く集客に繋がらなず、高額なクレジット代金のみ引落が継続しているという被害が全国的に多発している事実を確認し、同様事案を取り扱った経験がある当事務所へ相談。

対応 本件は申込から時間が経過しておらず、何等かSEO対策についてのサービス提供前の段階であり、そもそも勧誘時に約束された集客効果など一切約束出来ないことが明らか為、即時内容証明郵便にて本契約の取消を販売会社へ通知。しかし一切の対応が無い。同時にクライアント様が相談していた地元消費者センターに依頼し、消費者センターより販売会社に連絡してもらうも、販売会社はクレジットカード決済取消に応じず、 同時に「代行業者も同系列だから掛け合っても無駄」 と主張。しかし、当然の如くクレジットカード決済における決済代行業者へ内容証明郵便を送付のうえ、不当勧誘を理由とするクレジットカード決済取消を要求。

結果 決済代行業者へ内容証明郵便が送達した後、決済代行業者より決済取消を認める旨の連絡があり、その1週間後に連絡も無くクレジットカード決済全額の取消が確認された。本件は無条件解約成功。

クライアントからのメール(原文のまま)

●●です。その後、取り消し完了したら連絡してもらうという事でしたが、未だに連絡はなく、今日電話してみようと思ってたところ、消費者センターから電話があり、カード会社から全額取り消しになりましたとの報告を受けたという連絡がありました!確認したところ、マイナス処理になってました!代行業者からの連絡は、前回もですが、忘れているのでしょう。 でも、マイナス処理になっていて安心しました!1ヶ月かかりましたが、諦めなくて良かったです。梶山さんのおかげです!!本当にありがとうございました!! 契約書の、解約は全額というのは今後も気にしなくていいでしょうか?ちなみに、消費者センターの方は、●●●●●の方に連絡は取っていて、その場で「代行業者も同系列だから掛け合っても無駄」だと言われ、代行業者には連絡は取っていません。カード会社の方にも、消費者センターからの連絡はしてません。こちらからカード会社に、消費者センターの方と話をした事を伝えてあったので、結果報告を入れてくれたのだと思います。●●

上野・ぼったくり被害(2店舗での不正カード決済)ぼったくり店舗から直接銀行振込にて返金を受ける・警察被害届受理なし

場所 上野

日時 平成30年12月31日の未明

事案 平成30年12月31日の午前3時33分、上野の飲食店にて意識を失っている間に金3万5千円のクレジットカード決済を無断でされ、さらに約1時間後に近隣の別店舗においても無断で金3万6千円のクレジットカード決済をされた被害。クレジットカード会社へ被害を申し出るも対応してもらえず、同様被害に経験豊富な当事務所に相談。

対応  本件は被害発生から半年以上経過した段階でのご相談であり、当事務所にご依頼頂いた時点でクレジットカード会社から各ボッタクリ店舗の店舗名や住所などが開示されていた。その為、当事務所より各ボッタクリ店舗に対して内容証明郵便を送付し、不当決済の取消を要求しつつ、「正当な飲食代金請求と主張するのであれば、店の経営者情報(法人名・本店登記住所・代表者名・その他)を開示せよ。もしもそれらの情報開示も行わず、ボッタクリ金の返還(不当クレジットカード決済の取消)もしない場合、再度クレジットカード会社にその旨を報告のうえ対応を進める。」と通知。※管轄警察署に対しての被害相談は行なわず

結果  本件は非常に稀な解決事例であるが、内容証明郵便が各ボッタクリ店舗に送達し、その後は各店舗からクライアント様ご本人に返金を約束する連絡が入ったうえ、数日後に不当決済金全額がクライアント様指定の銀行口座へ振込返金され解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様
お世話になります。
本日2件目のフォ●トゥーナ ¥35,000、及び3件目のレオ●ード ¥36,000の振込みを確認致しました。カード会社への送金も本日完了しました。ご報告致します。

錦糸町・ぼったくり被害(不正カード決済)・不当クレジット決済(金470,580円)被害(暗証番号決済)について、クレジットカード会社6割負担、被害者4割負担にて和解・警察被害届受理なし(被害相談受付)

場所 錦糸町

日時 2019年3月

事案 2019年3月15日の未明、錦糸町での被害。経緯としては下記。

1、3月14日の午後23時ごろ、会食を終えた被害者が1人で錦糸町駅付近の路上を歩いていたところ外国人客引きより声をかけられ、そのまま近隣の飲食店に入店(カード会社の開示情報により「id●l・東京都墨田区江東橋3-6-1● ペ●シルビル●F」と判明)

2、入店後、被害者はウイスキー(水割り)を1~2杯飲んだ時点で店員からの支払請求を受け、同請求に応じて現金にて5万円を支払う。その後は酩酊状態となり意識を失う。

3、次に被害者が意識を取り戻したのは、2019年3月15日の早朝、店内で店員に起こされた際であった。

4、その際、店員より伝票を見せられ、請求金額が金230,000円と確認出来た為、被害者にて「そんなに飲んでいない。しかも既に現金で支払している。」と強く抗議、結果的に金230,000円の支払は免除された為、被害者はそのまま退店。店前よりタクシーに乗り帰宅。

5、数日後、クレジットカード利用ウェブ明細にて2019年3月15日の未明に金470,580円もの高額クレジットカード利用が同店にて被害者が意識を失っている間に発生していたことが発覚。

6、即刻、クレジットカード会社へカード利用停止を含めた被害報告、情報開示を要求。

7、4月19日、クレジットカード会社より「調査報告書、注文伝票、クレジット売上票」が開示され、本件における不当決済店舗「id●l」を確認。さらに注文伝票により同店にて大量の注文が行われていた事実が確認される。しかし、その後もカード会社は暗証番号決済であることを理由に本件不当決済の取消を認めず請求を継続するとのことであった為、同様事案について経験豊富な当事務所へご相談。

対応  本件はクライアント様において各クレジットカード会社へ情報開示要求済みであり、その開示情報によって不当決済と認識出来る状況であった。よって、即刻各クレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、本件において不当決済と判断出来る箇所を指摘のうえ本件不当決済の取消対応を要求。同時進行で管轄警察署への被害届をアドバイス。※管轄警察署においては被害届としては正式受理に至らず、被害相談受付の対応。

結果  クレジットカード会社へ内容証明郵便を送付後、約1ヵ月後の比較的早い時点でクレジットカード会社より被害者に連絡が入り、本件不当決済について被害金を折半にて負担する対応の提案が行われたが、被害者にて拒否。最終的にクレジットカード会社が被害金の6割を負担、被害者が被害金の4割を負担する形で和解が成立。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山さま、 ●●です。休日中の連絡ですみません。先程●●IS●●の担当者より私の報告書を受けたと電話が掛かってきました。 本件についてはお店の問題を認識しつつも、●●の過失(暗証番号で決済されている事)を鑑み5割負担での解決提示でした。 休日中の電話口なので中々やりにくかったですが一応粘り●●の4割負担で決着することとなりました。(最後は裁判でも勝てると言ってきました) 

この後は、電話口で話した別口座に一旦全額(47万ちょい)が戻され、その後10月あたりに4割(約18万円)の請求がもう一度なされるそうです。 正確な数字(金額)が必要であれば後日ご連絡します。他に何かアドバイスがあればご教示頂きたくお願い申し上げます。 

iPhoneから送信 

先週、●●IS●●のご担当から電話を貰っていたのですが、そこでの話の通り本日(8/20火曜)返金処理を受けました。金額は、一旦全額の返金となり 470,580円が、私の指定した●●IS●●カードの引き落としとは異なる口座に振り込まれました。(振り込まれた事の確認電話を●●IS●●ご担当者にも電話しました。) この後の処理としては、9/20頃に通常のクレジットカード決済とは別に●●IS●●セキュリティなる所より●●負担分の4割(188,232円)の請求がなされ、その金額が10月分と合わせて通常の口座より引き落とされるそうです。 ご支援を頂き色々手続きを進めてきましたが、本当にお陰様であとひと手順で全て終わりそうです。 状況としてご連絡させていただきます。