カテゴリー別アーカイブ: 成功事例

成果が出た一部の依頼について、クライアント様の承諾を得て掲載しています。

情報商材(株式会社●●●●●●●「●●●●●●●●●」)・クレジットカード決済金298,000円、ほぼ全額(決済手数料約28000円を除く)の返金に成功

日時  平成30年8月

場所  ●●県

事案  典型的な情報商材被害のパターン。海外バイナリーオプション取引についての講座受講の形。販売会社が公開しているネット広告及びツール販売ページにおいて「勝率80パーセントを超えるバイナリーオプション現金製造ツール」「このツールなら間違いなく稼げます」「今すぐ●●●●●●●●●を受け取り日給3万円を稼いでみてください」「1日10分、スマホ完結で誰でも簡単」「LINE経由で届くカンニングペーパーを書き写すだけ、あとは待つだけで報酬確定」「僅か1日、体験版で5万円以上を稼いだ方を多数輩出」「もし、万が一稼げないということがあったら、これは使う人が悪いんじゃない、渡す人が悪い、責任は僕にある。その時は全額お返しします」などと掲載があり、クレジットカード決済にて代金298,000円を支払う。しかし契約後に指示どおりの対応を行うも一切収益なし。クライアント様が返金を要求するも販売会社からは「和解金として●万円の返金しかできない」との回答のみ、という事案。

対応  本件は販売会社が営業を継続している状況であった為、即刻内容証明郵便にて違法勧誘(消費者契約法違反・特定商取引法違反・東京都条例違反・民法上の詐欺取消)を主張、契約の取消及び既払い代金全額の即時返金(クレジットカード決済の取消)を要求した。

結果  内容証明郵便を発送の数日後に販売会社より連絡があり、決済金より決済手数料を差し引いた金270,●●●円の返金で和解。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生、お世話になります。

  • ●県●●市の●●です。 昨日、無事に相手方から270,●●●円の入金がありました。 ありがとうございます。 今後はどのような手続きを進めていけばよろしいでしょうか?

名古屋市栄区・ぼったくり被害・昏睡カード窃盗被害(不正カード決済)・不当クレジット決済金22万円の取消に成功・警察被害届受理なし

場所 名古屋市栄区

日時 平成30年7月

事案 被害の経緯としては以下のとおり。

1、平成30年3月31日の午後23時ごろから翌日未明にかけて、名古屋市栄区の路上にて同店店員(外国人女性)の呼び込みを受け「60分3,000」との料金説明であった為に近隣の店舗(来夢)に入店し飲食を開始

2、自身は飲み放題メニューのみを飲んでおり、また女性店員からドリンクの注文を勧められたが1杯2,000円と高額な為に飲み放題メニュー以外の注文は全て注文を断っていた。その後しばらくして突如酩酊状態となり意識を失う。

3、意識を取り戻したのは帰宅タクシーの中。

4、4月26日の時点で次回のクレジットカード請求を把握すべく、クレジットカード利用詳細(売上)をインターネットにて確認したところ、なんと同日深夜から翌日未明にかけて同店舗(来夢)にて当方所有の貴社発行クレジットカードにて4回に亘って合計金222,000円もの高額決済が確定していることが発覚、当然の如く明細や伝票も一切交付されていない。

対応  本件は典型的なパターン(酔状態の客を路上から店に引き込む、若しくは店内で高濃度のアルコールを飲ませ意識を奪い、その後において無断で客の現金を奪う若しくはクレジットカードを抜き取り異なる名義のカードリーダーに通し決済する)。意識を奪われた中での高額決済であったため即刻クレジットカード会社へ内容証明郵便にて不当決済取消並びに情報開示要求を通知。クレジットカード会社が調査開始を約束。

結果  約2カ月後、カード会社より電話が入り「所定期間内に店舗(来夢)より詳細伝票が提出されなかったので、返金補償の形を取らせて頂く」とのことで、222,000円全額の決済取消が決定。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山行政書士事務所 梶山祥 様
お世話になっております。
数日前にはなりますがU●Jニ●スより返金が確認できましたことをお伝え致します。
案件の発生からおよそ3ヶ月、最初の相談から内容証明郵便の作成カード会社や警察への
的確な指示など迅速に対応して下さいましたこと誠にありがとうございました。
思えば梶山先生のお力が無ければ今回の案件はカード会社に罪はないものの時間をかけられて、
たらい回しにされ自分の力では何も出来ず泣き寝入りしていた可能性が非常に高いものだったと思います。
元より自分の不用意な行動から起きてしまったことですので反省するとともに悪質な業者が消えては増え根絶することがない世界だと痛感しました。こういった事が2度と起きないよう気をつけてお酒を楽しんで行きたいと思います。
梶山様の益々のご健勝ならびに貴事務所の益々のご隆盛をお祈り申し上げます。
改めましてこの度は問題の解決に向けご尽力頂きまして誠にありがとうございました。
●●●●●

 

情報商材(コーチング業務契約)トラブル・既払い金40万円全額の返金に成功

日時  平成30年7月

場所  鹿児島

事案  販売者(個人)が公開しているSNS広告及び配信メールを確認、その後に担当者より電話連絡を受け以下の内容で勧誘を受け契約。契約代金の半額である40万円を販売者指定口座へ振込にて支払う。しかし解約及び返金を希望して当事務所へ相談。。。。勧誘内容は「この契約をすれば、初月で10万の収入はいける。他の方は40万、50万、250万ほど収益を得ている。必ずもうかる。他に、馬●●弘はFXのプロへ200万円払ってノウハウを教えてもらってるからバイナリーで全勝している、今回の契約金80万を支払終わったら、そのノウハウを無料で教える。FXの方は全額払ってから直接会ってマイナンバー等確認して信頼できる方に教える。」といった内容。

対応  本件は電話勧誘による販売であると判断出来、法定書面の交付が無いため、「特定商取引法に基づくクーリングオフ」を第一に主張し、第二に仮にクーリングオフの適用が無い場合でも「勧誘時における説明内容について、消費者契約法違反となる内容が含まれるをとを理由として契約取消」を主張。内容証明郵便を販売者に送付した。そうしたところ、内容証明郵便が「宛所不明で返送」となった為、販売者に対してSNSメッセージにて内容証明郵便に記載の内容を通知するとともに、販売者が自らの所在について虚偽の住所を公表していることは違法行為であることを指摘、即時既払い金40万円の返金を要求した。

結果  販売者よりSNSメッセージでクライアント様に返信があり、当職は「20万円×2回の分割返済」を打診され、クライアント様も同条件について「最初の期日にまず20万円の返済をすべし。それが確認出来たら分割に承諾するか否かは検討する。」と販売者に返信。そうしたところ、最初の20万円の返金日時に口座を確認すると、販売者より既払い金全額の金40万円の振込が確認出来、無事に解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

お疲れ様です。馬●●洋より、40万円の送金いただけました。

諦めずに、連絡してよかったです。

迅速な対応をありがとうございました。

クインタスト●●ジーFXの勧誘を受け、●●Kへ預託(送金)した金50万円全額の返金(組み戻し手続き)に成功

日時 平成30年7月

場所 東京都

事案 先日の回収事例と同様、当事務所にも相談の多い事案。金融トレードブローカー「クインタスト●●ジーFX」から投資の勧誘を受け、海外金融機関である●●Kグローバルへの口座開設及び運用金の送金を行ったが、その後に、●●Kグローバルからの出金が出来ないトラブルが多数存在する事実を知り、早急に送金した現金を回収したいとご相談頂いた事案。

対応 本件においても勧誘時において「クインタスト●●ジーFX」より消費者契約法違反となる勧誘が行われていた。また本件における送金方法としては、送金仲介口座として頻繁に利用される「イーープロテクションズプライベートリミテッド」の口座を介した送金ではなく「(株)アシストペイ」なる送金業者の口座を利用する形とし、クライアント様は自信の口座から「(株)アシストペイ」の口座へ金50万円を送金。送金の2日後、即刻●●Kグローバル担当者へ電子メールにて預託金50万円の組み戻し手続きを要求。同時進行でクライアント様の送金口座であるみずほ銀行に対して組み戻し手続きを早急に行い、同行より「(株)アシストペイ」へ組み戻しの連絡を実施。

結果 みずほ銀行より連絡が入り、「(株)アシストペイに送金した分は、同社に残っており●●Kグローバルに未送金の状態であったので、組み戻しは大丈夫でしょう」とのこと。その2日後にはクライアント様の口座へ金50万円の組み戻し金振込が完了し、無事に解決。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山行政書士様

本日、アシストペイからの入金がありましたのでお知らせします。

お世話になりました。なお●●Kからは何の連絡もありませんでした。(※組み戻し完了後に返信あり)

●●

 

海外(上海)マッサージ(風俗)ぼったくり被害・約23万円の不当クレジット決済。クレジットカード会社との交渉により被害金の半額負担にて和解

日時 平成30年5月

場所 埼玉県

事案 上海でのボッタクリ事件としては典型的なパターン。経緯は省略。
クライアント様がご自身で帰国後すぐにカード会社へ連絡し、不当決済の取消を要求するも一切対応を拒否され、当事務所に依頼。

対応  当事務所へご相談頂いた時点で、内容証明郵便にてあらためてクレジットカード会社に対して、不当決済取消若しくは保険適用により被害金の保証を再度強く要求。同時にクライアント様居住地管轄の警察署に被害届提出をアドバイス。しかし、管轄警察署の担当刑事からは「草●警察としては、そのような海外のぼったくり事件の被害届けを受ける事は出来ない。海外での出来事なので捜査することが出来ない。そもそも、中国は日本の法治外なので被害届けを受けれる話ではない。」との説明。クライアント様は過去の同じような事例における被害届受理の事実を挙げたり、「本件で警察が被害届を拒否出来ないのでは無いか?と反論したところ、担当刑事の上司が登場し高圧的な態度で、担当刑事と全く同じく無責任な内容を一方的に言い放って、「草●警察としては、相談窓口で話を聞いて、記録を残すしか手立てがない」と一方的に相談を終了させられる。

即刻当事務所にて草●警察署長宛てに手紙を作成、担当刑事さんの説明が何ら法的根拠なきテキトウな説明であることを反論しつつ、即時被害届の受理を要求する内容で送付。警察署長宛てに手紙を送付した数日後、担当刑事よりクライアント様に連絡が入り、そこでやっと正式に被害届が受理される。被害届けの正式受理をもって、再度クレジットカード会社に対して不当決済の取消を要求。

結果 最初の内容証明郵便発送の約2ヵ月半後、カード会社会社担当者より連絡を受け「上司からやっと半額折半の合意を取り付けられた。和解ではなく欠損処理の為、●●カードとしては一切書面による回答は出来ない」との連絡を受け、クライアント様としては早期解決を希望する為に同和解条件を受け入れる形で和解。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生、 早速のご連絡を頂き、有難うございました。これ以上、手間と時間とお金を掛けるよりも、半額折半にて合意しようかと思います。●●カードも一応、誠意?を見せてくれたわけですし、自分の落度も有りますし、何よりもあのような状況に於いて、命有って帰れた事を考えれば、ちょっと高いお勉強料ですが、働いていれば何とかなりますので! 今まで、いろいろとお世話になりまして本当にありがとうございました。梶山先生のように、本当に頼りになる素晴らしい先生にご相談できて幸せです。本来であれば、もっと、コンサルタント料をお支払いするべきだと思いますが、申し訳無くも、当方火の車なので、ご容赦下さいますようお願い致します。●●●●