カテゴリー別アーカイブ: 成功事例

成果が出た一部の依頼について、クライアント様の承諾を得て掲載しています。

池袋・風俗ぼったくり・キャッチ・飲食店・クレジットカード決済金130,000円の全額決済取消に成功

場所 東京都

事案 池袋駅周辺の路上にてキャッチから「「風俗は如何ですか?本来は3万円のところ、初回だから割引で1万2千円ポッキリ」」と声を掛けられ、入店。入店時に金12000円を支払う。尚、入店した店舗は飲食店(スナック)。
その後は従業員より「女性へのアルコール代金として3千円必要」とのことで追加金3000円を現金にて支払う。被害者が店を出ようとすると、さらに追加で「女性へのチップが3万9千円必要」「お客様の飲食代として金91000円必要」などの請求を受け、クレジットカード決済にて合計金130,000円を支払う。その後、ホテルに移動する際にさらに追加で「ホテル代3000円」の支払を要求された為に被害者は身の危険を感じて支払を拒否のうえ帰宅。結果的に当初約束された風俗サービスを一切受けることなくクレジットカード決済にて金130,000円、現金にて15,000円を支払わされた。

対応 本件はキャッチを利用して、異なった条件を提示のうえ風俗サービスを希望する消費者を飲食店(若しくはレンタルルーム)に連れ込み、そこで追加金銭請求を行うという典型的な事案(風俗に関連するぼったくり)である。本件は金130,000円分についてクレジットカード決済であった為、即刻クレジットカード会社に対して決済店舗の情報開示(店舗名、住所、代表者名、その他)を要求し、同時に不当決済の取消も要求する内容の内容証明郵便を送付。

結果 内容証明の送付から約1カ月後にクレジットカード会社より連絡が入り「店舗がクレジットカード決済全額の取消に承諾したので請求は無くなりました」とのことであった。被害者としても現金支払分の回収は希望しないとのことで、本件は終了。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

大変ご無沙汰しております。以前、お電話させていただきました●●でございます。先程●●●●カード相談室から連絡があり、ぼったくり店から全額返金されたので支払わなくても良いとの事でした。梶山さんが書類を書いてくれたおかげです。本当にありがとうございました。

iPhoneから送信

成功事例・美容整形の失敗(痛み)・約34万円の手術代金全額が返金され、その他に損害賠償金として金10万円が支払われ和解

日時 2019年3月

場所 未公開

事案 美容整形外科との手術契約トラブル。担当医師より「美肌※※ーレリフト」「脂肪取り顔やせ」という施術を薦められ契約。契約当日に代金約34万円を支払のうえ手術を実施。しかし、手術の翌日より「顔面の左側について、歯の痛み、咀嚼で顔に痛み、口角が上がらなる、皮膚の痺れ」といった症状が発生、手術から2週間後の時点で再度※※院に診察に行くも、「診察した医師がいない」とのことで別の医師が診察、さらには診察した医師からは「僕がやったんしゃないから分かりません」などと無責任極まりない対応を受ける。そこから更に2週間後の時点で※※院のカウンセリングスタッフと面談、症状を確認のうえ今後の対応を要求したところ、同スタッフより「こんな事は初めて。申し訳ないことをした。」とのことで謝罪をうけ、また同日出勤していた手術担当医師(※※※※)からは「今後のこと、返金については事務所から連絡します。」との約束を受けるも、その後一切の連絡が無かった。

 

対応 即刻内容証明郵便にて、契約代金である約34万円の返金要求、その他にも手術ミスが疑われる事案において医院側の杜撰な顧客対応による精神的苦痛に対しての慰謝料、そして別医院にて治療を受ける際の費用など含め、金10万円の損害賠償請求を行った。尚、本来であればより高額な損害賠償請求を行う事案ではあるが、クライアントが早期決着を希望したこともあり実際に今後必要となるであろう治療費用とほぼ同水準での損害賠償請求とした。

結果 内容証明郵便送達後に医院より連絡があり、合意書を取り交わしたうえで和解成立。手術代金約34万円全額及び損害賠償請求金10万円全額の支払いがクライアント指定口座まで振り込まれ解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

お世話になってます。全額返金されていました!まだ顔が痛い時がありますが、もう美容外科には頼らず前向きに過ごしていきます。心から感謝しております。本当にありがとうございました!

 

池袋・財布紛失・不正カード利用被害・不当クレジットカード決済全額429,000円の取消に成功・警察被害届受理なし

場所 東京都豊島区池袋

日時 平成30年12月

事案 本件は通常のボッタクリ若しくは酩酊に乗じたカード窃盗被害と異なる。被害者は1軒目の飲食店を退店後に意識を失い、次に意識を取り戻したのは午前5時の時点で池袋駅周辺の路上であった。その時点で「カバン、上着、コート、その他一切の所持品」を紛失しており、同日の午前中に池袋警察署に紛失物の問い合わせを行ったところ、池袋駅から離れた「池袋3丁目の公園」にて発見され警察へ届けられていたものの、カバンの中の財布は届けられておらず、その時点で即時財布に入っていた各クレジットカード会社及び銀行へ連絡のうえ利用停止手続きを行うも、既に紛失中の時間帯において池袋駅周辺の飲食店「シービューティー」なる店舗で金429000円もの高額クレジットカード利用が行われていることが発覚。

対応  早急に即刻内容証明郵便を送り、本件被害状況を報告するとともに、保険適用を含め本件決済の即時取消を要求。その他、もしもカード利用が行われた店舗名や住所、注文伝票やサイン伝票などの開示も併せて要求。その他、同時進行で池袋警察署へ被害を届け出るも「被害者はクレジットカード会社である為、貴方からの被害届は受理出来ない」とのことで被害届受理に至らず。但し、クレジットカードが不正に利用された店舗名「シービューティー」の屋号などは被害相談として残している。

結果  被害発生から約3カ月後、クレジットカード会社より連絡が入り「保険適用により不正利用被害金429,000円全額の決済取消が決定」とのこと。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

お世話なっております。先ほどクレジット会社から連絡があり、今回の事案はクレジット会社が保障する形で完了すると連絡がありました。調査結果としては、明細、サインは確認出来なかったとの事でした。ありがとございます。

大阪市中央区宗右衛門町・複数店舗によるぼったくり被害(不正カード決済)・不当クレジットカード決済金の一部について取消(保険適用)に成功・警察被害届受理あり。

場所 大阪市中央区宗右衛門町

日時 平成30年3月

事案 酩酊状態で意識の無い中での高額クレジットカード決済被害の事例としては典型的なケース。被害詳細及び不正カード決済を行った店舗は下記

①ピンクレディ(A●●●カード「1」)    1:34  ¥128,000-

②ホワイトムーン(●●ッ●●カード「2」) 2:36 ¥168,000-

③サラン(A●●●カード「1」)      4:01 ¥110,000-

(1)平成30年3月※※日の未明、大阪府中央区宗右衛門町周辺の路上にてキャッチより「飲み放題、歌い放題でアフターでマッサージ付きで10,000円」との約束で呼び込みを受けそのまま近隣店舗(「①ピンクレディ」)へ入店したところ、同店にて少量の飲酒をした後に突如意識を喪失。

(2)次に意識を取り戻したのは同店(「①ピンクレディ」)で早朝4時半ごろであった。そこで意識が朦朧とする中で店員女性より「マッサージの場所に行く」とのことで同店を連れ出され近隣ホテルにチェックイン、クレジットカードにてホテル宿泊代金18,000円の決済を行ったところまでは記憶はあるものの、再度その後に意識を喪失、次に意識を取り戻した時には同ホテルにて1人の状態であった。

(3)その為、被害者(クライアント)は「酔って意識を失っている間にマッサージが終了したのだな」と判断していたが、数日後の3月※※日の時点でクレジットカード決済の利用項目に入店の事実すらない店舗(③「サラン」)での高額クレジットカード利用が確認出来た為に即時同日の他カード利用を確認したところ、なんと同日の未明に被害者(クライアント)が意識を失っている間、3店舗にて合計金406,000円ものカード決済が行われていることが発覚。

 

対応  本件は典型的なぼったくり(昏睡クレジットカード窃盗)パターンである。(酔状態の客を路上から店に引き込み、若しくは入店後にアルコール若しくは薬物により客の意識を奪い、その後において無断で客の現金を奪う若しくはクレジットカードを抜き取り高額な飲食代金名目で決済、さらには共謀する別店舗名義のカードリーダーでも高額飲食代金を決済し、複数店舗で飲食したようにみせかける)である。即刻、各クレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、本件被害状況を報告するとともに、管轄警察での被害届正式受理の事実を伝え、本件不当カード決済の取消を強く要求。

 

結果  被害発生から約1年後、各クレジットカード会社への決済取消要求実施から約10カ月後、クレジットカード会社「1」からは「保険適用により全額の決済取消が決定」とのことで連絡が入り無事に解決。現在はもう一社のクレジットカード会社「2」に対しての不当決済取消要求を継続中。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生 いつもお世話になっております。おかげさまで、A●●●カードは保険適用を決定し、A●●●カードに関しては不当決済の取り消しに成功しました。ありがとうございます。梶山先生には相談しかしていなかったもう一社のカード会社の●●ッ●●カードのほうが、警察に被害届が受理されてからも何の連絡もなく、近頃になって請求すると言い出しております。こうなっては裁判するしかないかとも思っておりますが、先生の方で弁護士は紹介していただけるのでしょうか。ご返答宜しくお願い致します。

電子ブレーカー・ビジネスリース契約の解約に成功(取り外し工事代金のみ負担)

日時 2019年2月

場所 非公開

事案 電子ブレーカーシステムについての典型的な被害。電話営業の際に自らを大手電力会社であると名乗ったうえ「法改正で主開閉契約に変更可能となり、今後は基本料金を安くできるようになりました。詳しくご説明致しますので後日調査スタッフを訪問させてください。」などとアポイント、その後に訪問した担当者からも「現在ご契約頂いているキロワットが大きすぎるので、もう少し電圧を落とす申請をすれば電気代金が月々安くなります。その為のシステム導入をお勧めいたします。弊社と契約いただくことで、設備費、人件費、メンテナンス、保守、保険、機器代金など含めた契約代金以上の電気料金削減が可能になります。まず器機を設置してみて使用に問題なければ正式にリース契約の形となります」とのことであった為、それらの説明を信用してリース契約を申し込むも、その後は当初説明されたような電気料金の削減効果が存在せず、そもそも電力量の切り替えと何等か機器やシステムのリース契約は全く別ものであることが発覚した為、クライアント様にてリース契約の取消を販売会社に要求するも拒否。そこで同様事案について経験豊富な当事務所にご相談。尚、既にリース物件は設置されている状況であった。

対応 本件ではリース物件自体は設置済みであるものの、そもそも勧誘の説明が事実と異なるものであったことを強く主張、早急に内容証明郵便にて販売会社に対して申込撤回の書面を送り、今後における不当なリース代金請求の即時停止を通告。

結果 内容証明発送後に度重なる協議を継続し、約半年後に和解成立。和解条件としては、「機器の取り外し工事費用のみクライアント様にて負担」というものであった。

 

クライアントからのメール(原文のまま)

ご無沙汰しております、●●です。先月中に 電気屋さんに、ブレーカーを外してもらい、合意書 和解金 全て相手方に送り数週間様子を見てみました。どうやら問題なく届いたようです。途中 地震による影響などで、少し時間がかかりましたが、最後まで丁寧に対応していただき本当にありがとうございます。最小限の出費で済みました。感謝致します。行政書士の先生に お世話になるのは、今回が初めてですが。こんなに心強いのだと改めて認識致しました。本当に、本当にありがとうございました。