カテゴリー別アーカイブ: 成功事例

成果が出た一部の依頼について、クライアント様の承諾を得て掲載しています。

納車直後の不具合・修理は実施せず、破損部品代金を販売店が支払うことで和解

日時 平成30年11月

場所 神奈川県

事案  中古販売店との間で売買契約を締結、車両が納車。しかし納車4日後に不具合発覚、最寄りディーラーにて車両点検を行ったところ「サーモスタットハウジング、エンジン内部のバルブに損傷」「冷却水漏れからオーバーヒートが発生」「自走が完全に出来ない状況」などの不具合が発覚。修理費用見積もりは約73万円ほどであった。販売店に連絡するも、販売店は修理費用負担及び自社修理対応を拒否。

対応 即刻内容証明郵便を送付、納車時における点検が適正に行われていない事実及び瑕疵担保責任を主張のうえ、ディーラー修理費用全額の負担を要求。万が一にもディーラー修理費用全額の負担に応じない場合には、契約解除を通知。

結果  その後は販売店や修理店との間で約4カ月に亘って何度も協議を繰り返した結果、当該車両の修理対応は行なわず、納車時に不具合が発覚した部品代を販売店からクライアントへ支払ことで和解成立。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生さま

和解条件はご助言いただいた三社間のやりとりから、●ー●●●(※修理工場)は現車を見ず見積もりをしていたので、即座に●●より修理依頼はしない意志を伝えました。つづいて、強気で㈱●●●●●●●●へ金銭請求とも考えましたが、壊れた部品代として100千円を要求いたしました。 梶山先生より「三社間の情報共有のご提案」のご助言があったから、優柔不断な私が即座に判断できたと思っております。 四ヶ月間に亘り度々のご相談に気持ちよご対応いただき、本当にありがとうございました。 自身が納得のいく解決ができたことに、併せて御礼を申し上げます。 梶山先生さまの今後のご活躍とご健勝をお祈り申し上げます。

2018年11月●●日     ●●●

ビジネスリース契約(HP制作・SEO対策サービス一式)の契約取消(リース契約の無条件解除)成功

日時 平成30年11月

場所 ●●県

事案 個人事業主の方からの相談。「集客効果」を謳ったHP制作及び付随する「SEO対策」をリース契約の形で勧誘するケース。訪問時の業者営業マンの勧誘文句としては典型的なパターンであり「ホームページを制作、SEO対策含む管理運営を行うことで、集客や売上向上効果がある」「希望の検索キーワードで少なくともグーグルの●●ページ目に表示させることが出来る」といったもの。申込の同日に業者は何等かの商品を納品した形とし、直後にリース会社からの確認の電話に対しても販売会社の指示に従いクライアントが納品確認の返答を行ってしまっていた。しかし、仮のHP制作が完了した時点で違和感を感じクライアント自身で色々と調べたところ、全く同様の勧誘にて契約するも全く集客に繋がらなず、高額なリース代金やクレジット代金のみ引落が継続しているという被害が全国的に多発している事実を確認し、同様事案を取り扱った経験がある当事務所へ相談。

対応 本件は既にリース物件は納品済みの形となっており、リース会社への確認も完了している状況であったが、契約の実質的な商品である「HP」が未完成の状況であった為、「契約の対象物であるHPが未納の状態であり、リース契約自体が現時点で有効に成立していない」「そもそも勧誘時に約束された検索順位について、検索ワードによって大幅に異なり販売店でその順位を約束出来るものではない」という点を内容証明郵便にて指摘のうえ、リース契約の不成立及び申込の取消を販売会社及びリース会社へ通知。

結果 内容証明郵便が送達した後、販売店担当者が訪問のうえ納品の形をとっていた商品及び契約書面控えを回収、数日後にリース会社へリース契約申込の取消確認がとれ、本件は無条件解約成功となった。

クライアントからのメール(原文のまま)

お世話になります。夕方にリース会社へ再度 連絡確認しました。 ●●●●●から解約を受けたとの事でした。この後は 何か書面とか家に来ることありますか?又 明日 お電話しますね。今日は 一安心してます。ありがとうございました。m(_ _)m

 

横浜市中区福富町・ぼったくり被害・昏睡カード窃盗被害(不正カード決済)・不当クレジット決済の一部取消に成功・被害届受理は無・被害相談受付のみ

場所 横浜市中区福富町

日時 平成30年9月

事案 被害の経緯としては以下のとおり。

1、平成30年9月6日の深夜から翌日未明にかけて、横浜市中区福富町の路上を酩酊状態で知人と2名で歩いていたところ、外国人(アジア系)店員の呼び込み(「1人、1時間3000円だけ」)を受け、そのまま近隣の店舗(CUTIE)へ知人と2名で入店。知人は午前2時過ぎに2名分の飲食代金6000円を支払、先に退店。

2、入店前より既に酩酊状態だった為にクライアントは入店後に少量の飲酒をした時点で突如意識を喪失、意識を取り戻したのは翌朝午前8時ごろクレジットカードが切れないとの理由で店員に連れられ近隣コンビニATMにて現金を引き出させられた際であった。尚、ATMにて現金を引き出したところでクライアントは意識を取り戻し、その時点で店員より金10万円の飲食代金支払を要求された為、当然の如く高額過ぎる請求を理由に支払を拒否したところ店員より暴力を受け、結果的に金5万円を奪われ退店。

3、後日、クレジットカード利用を確認したところ、最初に入店した店舗(CUTIE)以外に全く入店の事実すらない2店舗(「CLUB LUNA」「ルミナス」)を含め、4回に亘って合計金237,600円もの高額カード決済が行われている事実が確認され、本件被害が発覚。

対応  本件は典型的なパターン(酔状態の客を路上から店に引き込み、その後において無断で客の現金を奪う若しくはクレジットカードを抜き取り、共謀店舗の異なる名義のカードリーダーに通し決済する)いずれにせよ意識の無い中での高額決済であったため即刻クレジットカード会社へ内容証明郵便にて不当決済取消並びに情報開示要求を通知。その結果、クレジットカード会社からの情報開示により、「ルミナス・福富町東通38-1福井ビル1F108」での飲食時間が「2時40分~5時40分」となっているが、その時間帯は「ルナ・福富町東通5番地4 シオン福富町ビル5F502」なる店舗での飲食時間と同時刻であって、同時刻で2店舗での飲食している状態となっている事実が確認出来た為、本件が酩酊状態のクライアントの財布からクレジットカードを抜き取り、近隣の共謀店舗のカードリーダーを使用し不当に決済したことは明らかとなった。即刻、被害地域の管轄警察署である伊勢佐木署へクレジットカード窃盗についての被害届受理を要求。その結果、管轄担当刑事さんが協力的に対応してくれ、被害相談受付の形で即対応となり、その事実をクレジットカード会社に報告のうえ、本件不当クレジットカード決済の取消をあらためて要求。

結果  事件発生から2カ月ほど経過した時点でクレジットカード会社が不正クレジットカード被害を一部認め、実際に入店した店舗での決済金より知人が既に現金支払済みの金額を差し引いた金額のみ請求となり、残り入店の記録すらない2店舗については全額の決済取消が決定。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様
今回は本当にありがとうございました。カード会社の担当の方より電話があり1件目の33,000円‐6000円(知人が支払った金額)=27,000円のみ自己負担で、2件目3件目の分は請求しないとのことです。梶山様の適切な対応やアドバイス、それと最後まで一緒に頑張りましょうと言っていただいて実際に最後まで相談に乗っていただいたおかげです。
内容証明を作成していただいた後も最後の最後まで細かいまたくだらない相談にものっていただき助かりました。梶山様に相談して良かったとこころから思っております。

●●●

納車直後の不具合・契約解除・代金36万500円全額返金・車両に設置した装備の返却にて和解

日時 平成30年10月

場所 北海道

事案   中古販売店との間で売買契約を締結。販売店が納車整備実施のうえで後日納車。しかし納車の時点でエアコンが効かないことが確認された為、即時最寄りディーラーにて点検を実施。そうしたところ「①症状 エアコンが一切効かない。原因 エアコンのパイプが腐食によりガスが抜けていた為。備考 コンデンサーコンプレッサー部分が酷い状態」「②症状 ブレーキが著しく効かない。原因 ブレーキパッド、ディスクの磨耗、交換が必要。備考 キャリパーは「点検OH若しくは交換」が必要」などの不具合が確認された。

対応 本件における不具合箇所について、民法上の瑕疵担保責任を理由とする無償修理要求が可能となると一般的に考えられる「エンジン」「ミッション」「シャーシ」部分の不具合ではなく、さらにクライアントとしては修理対応よりも契約の取消を希望していた為、即刻「契約取消」を通知する内容証明郵便を送付。契約取消を要求する根拠としては、本件において「整備のうえ納車」を約束している販売店が「エアコン故障やブレーキ不具合」を確認していないことなどありえず、即ち消費者に対して故意にそれらの不利益事項を伝えずに契約させたこととなる為「消費者契約法第4条2項違反(不利益事実の不告知)」を理由として契約取消及び即時全額返金、そして既に当該車両に設置したクライアント所有の機器(オーディオ)返却を要求したものである。

結果  販売店の代理人弁護士よりクライアントへ電話連絡が入り、「全て要求どおりに対応する」とのことであった為、即時合意書を取り交わし、車両を返却。その後に販売店より車両代金全額の振込及び設置機器(オーディオ)の返却が行われ解決。

クライアントからのメール(原文のまま)

この件について、相手から振り込み有り無事終了致しました。ありがとうございました。

大阪心斎橋・ぼったくり被害(不正カード決済)・不当クレジット決済全額268,000円の取消に成功・警察被害届受理なし

場所 大阪心斎橋

日時 平成30年9月

事案 深夜に酩酊状態で心斎橋周辺の路上で「60分3000円だけ」と声をかけられ、近隣の飲食店「Lily」に入店。入店直後に突如酩酊状態となり意識を失う。次に意識を取り戻したのは宿泊の覚えのないホテルの一室であった。尚、同店での飲食についてクレジットカード明細の控えなどは一切財布に残っていなかった。後日、カード利用状況を確認したところ、2回に亘って合計金268,000円もの高額な不当決済が発覚。

対応  本件は典型的なぼったくり(昏睡クレジットカード窃盗)パターン(酔状態の客を路上から店に引き込み、その後において無断で客の現金を奪う若しくはクレジットカードを抜き取り異なる名義のカードリーダーに通し決済する)である。即刻クレジットカード会社へ内容証明郵便を送り、本件被害状況を報告すすとともに、不当決済した店舗(Lily)情報開示及びアクワイヤーへ決済取消を要求するように指示。同時に本件不当決済取消を要求。

結果  内容証明郵便を発送した数日後、クレジットカード会社より連絡が入り「調査をした結果、同店(Lily)にて複数の被害届けが出ておりカード会社としても、基本的に請求取消の方向で進めたい。」とのこと。。。翌日、再度カード会社より連絡が入り、クレジットカード決済金268,000円の全額決済取消が決定。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山先生
お世話になります。昨日カード会社より9月28日に発生した大阪市内ぼったくり被害268,000円の全額請求取消を社内調査の結果、正式決定した旨の連絡がありました。発覚した時、何ら専門的な知識のない私は強い絶望感を覚えた中、藁にもすがる思いで先生にご相談させていただきました。当初交渉に数ヶ月要すると考えていましたが事態発生から1ヶ月弱でスピード解決出来たのは偏に梶山先生の迅速な対応、親身なご指導があったからと、感謝の気持ちでいっぱいです。悪徳飲食店は許せませんが、私にも落ち度や脇の甘さがあり猛省しております。自らの襟を正し、二度とこの様な事で先生のお世話になる事がないよう、努めてまいります。本当にありがとうございました。
●●