成功事例・敷金全額返金

日時 平成27年5月
場所 熊本県
事案 約8年の長期入居物件を退去の際、修復費用として約6万円、その他未納賃料2日月分(退去通知を怠った)を請求され、敷金で不足する為に追加金請求をうけた事案
対応 入居期間が長期に亘り、内装自体に価値が残っていない事実を主張し、修繕費用負担を拒否。その他未納賃料については電話連絡にて管理会社に対して明確に伝えている事実、そして通常は1か月前通知であり2カ月前通知についての説明が入居時において明確に行われなかった事実を主張、その点を含めて内容証明郵便にて指摘、敷金の即時全額返金を要求した。
結果 敷金全額の返金
クライアントからのメール(原文のまま)
先日からお世話になっております。
熊本の●●です。
早速ですが、先生に作成していただいた内容証明のお陰で、先日、敷金が全額返金されました。
本当にありがとうございました。
お礼申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。