出会い系サイト被害(異性との連絡先交換)・クレジット決済取消にて和解

日時 平成27年6月
場所 沖縄県
事案 典型的な出会い系サイト「異性との連絡先交換」の為に多額のポイント代金を消費するパターンの被害事例。経緯としてはSNSを介して交流を始めた異性からの要望で特定の出会い系サイトに入会させられ、そこで連絡を取り合うようにされる。その後、「サイト内の他の異性会員とプライベートの連絡先を交換する為の費用」との名目でサイト運営会社から支払を要求され、クレジット決済にてそれら代金を支払してしまった事案。

対応 本件はサイト運営会社が主導で不当にポイントを購入させる最も典型的な詐欺のパターンであり、その点を内容証明郵便にて指摘し、サイト運営会社に対してクレジット決済の取消対応を要求したが、サイト運営会社から反応が無く、クレジットカード決済代行会社及びクレジットカード会社に対して不当決済取消要求の内容証明郵便を送付。

結果 決済代行業者がクレジット決済の全額取消に応じ和解。

クライアントからのメール(原文のまま)
梶山様
お世話になります。
全額返金ということになりました。
ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。