集客サービス及び予約システム(サロン事業サポート契約)の契約取消(クレジットカード決済全額の取消)、無条件解約成

日時 2019年6月

場所 名古屋市

事案 個人サロン経営の方からの相談。

サロンの集客効果及び顧客からの予約管理システムについても契約であり、その他「補助金導入出来る」「業界大手会社の加盟店になれる」とのことであった。訪問した販売会社営業マンの具体的な説明内容としては「わ●●●くんという予約を一元化できるシステムです。これがあるからIT導入補助金を申請出来る。IT導入補助金が国から出るから、実質お金かかりませんよ。弊社は支援事業者なので問題ありません。弊社と契約すると●●●●●●カフェ(大手のホワイト二ングサロン運営会社)の加盟店にもなれます。」というものであった。

しかし、本契約後において当初約束された「IT導入補助金」を受けることが出来ず、さらには大手のホワイト二ングサロン運営会社であり加盟店となることを約束された「●●●●●●カフェ」に直接確認したところ販売会社と何等か契約を締結することにより同社加盟店となれる事実は一切存在しないことが確認され、勧誘時の説明が完全な虚偽説明であることが発覚。当然の如くクライアントは販売会社へ契約取消を要求するも、販売会社は契約の取消を拒否(クレジットカード決済の取消を拒否)。そこで、同様の事業者相談を数多くサポートしている当事務所へ相談。

対応 本件は申込から3カ月以上が経過していたが、勧誘時の説明に明らかな虚偽説明が含まれている為、即時内容証明郵便にて本契約の取消を販売会社へ通知。しかし、一切の対応が無い。その為に次はクレジットカード会社へ内容証明郵便を送付のうえ、販売会社の虚偽説明を伴う違法勧誘の事実を主張したうえ、クレジットカード決済の取消(引落済みのクレジット金全額の返金含め)を強く要求。

結果 クレジットカードへ内容証明郵便が送達した後、3月半以上連絡が無かったが、6月末にクレジットカード会社より連絡が入り、取消手続き手続き(引落済みのクレジット金全額の返金含め)が実施されたとのこと、その後は引落済みのクレジット金全額の振込返金が確認出来たことで本件は無条件解約成功。

クライアントからのメール(原文のまま)

梶山様

お世話になっております。大変難しい事案でしたが全額返金が決定しましたと●●●クレジットから連絡がありました!無事口座に返金されました。もう、ダメかと思ってたのでホッとしました。的確、迅速にご対応くださり感謝します。この度はありがとうございました。

●●●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。