情報商材トラブル・クレジットカード決済50万円の取消、現金支払金50万の全額返金

日時  平成29年5月
場所  山梨県
事案  契約内容や勧誘方法としては典型的な「情報商材」と同じ。「●●ビジネススクール」「6ヶ月 目指せ2●●●●万円貯金コース」などと謳い、DMやツイッターなどで契約者を募る手法。契約代金100万円についてはクレジットカード決済にて金50万、現金にて金50万を支払った。本件は契約書にクーリングオフ可能の旨の記載があり、契約直後にクライアント様自身でクーリングオフのハガキ(書留)を相手会社に送付するも、相手業者より一切の返金は無く、電話連絡にて返金を要求するも「担当者がいない」などと誤魔化すのみ。そして担当者に連絡が繋がるも「クーリングオフなど出来ない。クーリングオフ通知を送っているようだが、そもそもクーリングオフの要求が記載してあることを証明せよ」などとして一切の返金対応を拒否されていた。
対応  即刻販売会社に対して内容証明郵便を送付のうえ、クレジットカード決済の取消並びに現金支払分の金50万円についての返金を要求、同時に期日までに対応なければ即刻クレジットカード会社への被害報告及び監督官庁への被害報告(行政処分要請)を行うことも追記。その後、クレジットカード決済分50万円の決済取消には応じたが、現金支払分50万円について返金を拒否し続けた為、裁判手続きに移行(本人訴訟)し、金50万円及び遅延についての法定利息を請求。
結果  裁判所からの口頭弁論呼び出し状が届くとすぐに販売業者より連絡が入り、現金支払分50万の返金を約束。後日、金50万円の振込返金が確認出来たので、訴えの取下げを行って終了。
クライアントからのメール(原文のまま)
梶山行政書士様
昨日5月25日に株式会社●●●●より
請求額500000円が銀行に振り込まれましたので
告訴の取り下げをいたします。
(●●●●簡易裁判所に印鑑を持って来てほしいと言われました。)
梶山さんの適格なご指示のお蔭で解決いたしましたので
心から感謝しております。
誠にありがとうございました。

●●●●

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。